段田安則:自身は「安子の味方」 「カムカムエヴリバディ」で稔と勇の父親役 「2人の息子と妻に囲まれて幸せ」

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で雉真千吉を演じる段田安則さん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で雉真千吉を演じる段田安則さん (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)に出演している俳優の段田安則さん。稔(松村北斗さん)と勇(村上虹郎さん)の父親で雉真(きじま)繊維の社長・雉真千吉を演じている。朝ドラ出演の気持ちや自身の役どころ、共演者の印象などを語った。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

 段田さんが演じる千吉は、岡山で雉真繊維を一代で築き上げた地元でも知られる実力者。跡継ぎの稔と一緒にさらに事業の拡大を目指している……という役どころ。

 段田さんは「今回久しぶりに朝ドラにお声がけいただいて、NHK大阪で父親の役だということで楽しみにしておりました。なにしろ大阪局が好きなので、そこでできるのが楽しみでしたね」というが、「あんまり内容もよく知らず、あんまりよく聞かずにやりたいですとお返事しました。てっきり大阪言葉だと思っていたら、岡山言葉だということで『えらいこっちゃ!』となったんです(笑い)」と明かす。

 役どころについては、「千吉は岡山で『雉真繊維』を一代で築いたお父さん。仕事ができる人物ですが、本当につらい時代に生きていて、ましてや息子ふたりの父親というのはつらいこともいっぱいあったんだろうなと想像しています。稔と勇、2人のいい息子たちと妻の美都里(YOUさん)に囲まれて、千吉は幸せだと思いますよ。厳しいようで優しい、いいお父さんだなと思います」と語る。

 また役作りについて「方言は薄れてきていますが、どこの土地の言葉であってもいいものだなあと思います。自分なりにことば指導の先生に聞きながらこんなんかな? こうでいいんじゃないかな? と考えながらやっています。岡山の方が聞いたときに、『うそやん』と思われると具合悪いとは思っていますが、やっぱりただアクセントが合っているだけではなく、そこにちゃんと気持ちが乗ってしゃべれているかどうか、というところに苦労しています。それが面白いところですけどね」とコメント。

 息子役の松村さんと村上さんとは初共演で、「役柄の稔と勇がそれぞれ違うように、あの2人もちょっと違うタイプ。でも、両方いい息子ですね。外見だけでなくて、気持ちがいい俳優さん2人だなと思います。安子役の上白石萌音さんも、いい子ですよ。見てくださっている方もそうでしょうけど、台本を読んでいても本当に安子の味方になってしまうんですよ。朝ドラヒロインはどれも視聴者が味方になって見る組み立てなんでしょうけども(笑い)」と、共演者について語っていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る