古見さんは、コミュ症です。:第7話「プールです。」ほか 古見さんがプールに! コミュ症の父登場

「古見さんは、コミュ症です。」の第7話「プールです。」ほかの一場面(C)オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校
1 / 6
「古見さんは、コミュ症です。」の第7話「プールです。」ほかの一場面(C)オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校

 「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中のオダトモヒトさんのマンガが原作のテレビアニメ「古見さんは、コミュ症です。」の第7話「プールです。」ほかが、11月17日深夜からテレビ東京ほかで順次放送される。

 第7話は、「プールです。」「かき氷です。」「図書館です。」「公園です。」を放送する。「プールです。」では、古見硝子らクラスメートたちが市民プールで遊ぶことに。女子メンバーは水着になり、楽しい時間を過ごす。「かき氷です。」では、古見とその父が喫茶店へ行くが、2人とも“コミュ症”を発揮してしまう。

 「図書館です。」では、図書館で本を読もうとした古見が、赤ちゃんの泣き声を耳にする。「公園です。」では、公園の前を通りかかった古見が誰もいないのを確認しつつブランコに乗る。楽しくなってきた古見は華麗にブランコからジャンプし、着地。滑り台、ジャングルジム、うんていなどを乗りこなしていく。

 「古見さんは、コミュ症です。」は、2015年に「週刊少年サンデー」に読み切りが掲載され、2016年に連載をスタートした“コミュ症”コメディー。人の気持ちを察するのが得意な只野仁人が、コミュニケーションが苦手な“コミュ症”の古見硝子の「友達を100人作る」という夢に協力することになる……というストーリー。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る