言霊荘:森田望智、石井杏奈、堀田真由、中村ゆりか 美女たちが次々と「呪い」の餌食に 「鏡と水が怖くなった」「見続けられない怖さ」と反響

連続ドラマ「言霊荘」第8話「肉食アパート」の一場面=テレビ朝日提供
1 / 4
連続ドラマ「言霊荘」第8話「肉食アパート」の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の第8話「肉食アパート」が11月27日に放送された。同話では、アパートに取り憑(つ)く「言霊の呪い」が凶暴化し、住人女性を次々と襲っていく展開に。SNSでは「鏡から出てくるの怖すぎ」「鏡と水が怖くなった」「なぁちゃん(西野さんの愛称)の可愛さがなければ、見続けられない怖さ」「言霊荘のせいでお風呂入りづらくなっている」などのコメントが視聴者から続々と上がった。

 ドラマは、テレビ朝日とABEMAの共同制作。女性限定アパート「レディスコート葉鳥」を舞台に怪奇現象が次々と発生し、住人たちが「言霊の呪い」にさいなまれるホラー作品。レディスコート葉鳥の住人役で、西野さんはじめ、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんら話題の若手女優が集結した。

 第8話は、主人公・歌川言葉(コトハ、西野さん)ら住人女性が、自分たちを襲い、アパートから引っ越そうとしても追ってくる「言霊の呪い」の怒りを鎮めようと、おのおの行動していくが、「言霊の呪い」は凶暴化して……という展開だった。

 菊川麻美(森田さん)が自室にいるところ、「言霊の呪い」に鏡の中に引きずり込まれたのを皮切りに、林原早紀(石井さん)も鏡の中、小宮山綾子(堀田さん)は浴槽の中、丸山栞(中村さん)はベッドの下に引きずり込まれていった。4人が一気に消えてしまう展開に、SNSでは「今回も相変わらず怖すぎて悲鳴を上げました」「引き込まれた人はどうなったんだろう?」「みんないなくなっちゃうの……?」などの声が上がっていた。

 住人女性で生存が確認されるのはコトハと、渡邊瞳(内田さん)のみ。次週12月4日は「今からでも間に合う徹底解剖スペシャル!」と題し、オフショット、先出し映像も交えた総集編を放送。第9話は11日に放送される。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る