高畑淳子:「ドクターX 」に7年ぶり再登場 看護師長からナースコスプレのガールズバー勤務に 遠藤憲一&鈴木浩介との再会も

連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第8話に出演する高畑淳子さん=テレビ朝日提供
1 / 2
連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第8話に出演する高畑淳子さん=テレビ朝日提供

 女優の高畑淳子さんが、米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)第7シリーズに出演することが11月29日、分かった。高畑さんは12月2日放送の第8話にゲスト出演し、2014年放送の第3シリーズで演じた白木淳子役で再登場。前回の白木は「国立高度医療センター」の看護師長だったが、今回はナースコスプレのガールズバー「ナースステーション」で働く人物になるという。

 白木がお気に入りの高畑さんは「私、白木さんが大好きなんです。かわいそうなほどの真面目さというか……『白木さん』っていうドラマ、できないですかね」とコメント。今回の再登場についても「超~うれしかったです!!」と大喜びし、「出ますよ、出ますよ、白木さん! お見逃しなきよう!!」と視聴者に呼びかけている。

 また、劇中には海老名敬(遠藤憲一さん)と原守(鈴木浩介さん)がガールズバーを訪れ、白木と再会するシーンも登場。高畑さんは、「いや~いい感じでした。さくっとお二人とも、すぐ昔の感じでお話ししてくださって! エンケンさん(遠藤さん)は顔色も良かったし、浩介くんは元気オーラいっぱいで(笑い)」と、撮影の様子を明かした。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって新局面を迎えた「東帝大学病院」を舞台に、未知子が、内科主導の組織変革をもくろむ蜂須賀(野村萬斎さん)らとの新たな戦いを描く。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る