アバランチ:第7話視聴率は7.7% “羽生”綾野剛、偽装テロ事件の真相迫る

連続ドラマ「アバランチ」主演の綾野剛さん
1 / 1
連続ドラマ「アバランチ」主演の綾野剛さん

 俳優の綾野剛さん主演の連続ドラマ「アバランチ」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)第7話が11月29日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 令和の日本を舞台に謎の集団「アバランチ」の過激で痛快な活躍を描くピカレスク・ロマン。チーフ監督は映画「新聞記者」などを手掛けた藤井道人監督。

 第7話では、公安時代の上司・戸倉(手塚とおるさん)と素顔で対面した羽生(綾野さん)。ドローンカメラを通じて山守(木村佳乃さん)らが見守る中、3年前に5人の仲間を死に追いやった偽装テロ事件の真相と、黒幕・大山(渡部篤郎さん)の真の狙いについて証言するよう迫る。しかし、戸倉は答えず、「3年前の事件を終わりにしよう」と銃口を羽生に。

 日本版CIA創立のためには手段を選ばず犠牲もいとわない大山によって張り巡らされていくアバランチ包囲網。正義のヒーローから一転、テロリストとして非難の的となっていく彼らが打つ、次なる一手とは……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る