この初恋はフィクションです:“謎の転校生”祖父江くんの正体は鈴鹿央士! 「お芝居しながらキュンキュンしてました」

ドラマ「この初恋はフィクションです」で“謎の転校生”祖父江を演じる鈴鹿央士さん=TBS提供
1 / 3
ドラマ「この初恋はフィクションです」で“謎の転校生”祖父江を演じる鈴鹿央士さん=TBS提供

 俳優の鈴鹿央士さんが、TBSで放送中の深夜ドラマ「この初恋はフィクションです」(月~木曜深夜0時40分)に登場する“謎の転校生”祖父江広樹を演じることが分かった。これまで飯沼愛さん演じる主人公の泉ともLINEや手紙だけのやりとりが続いており、ポスターやエンドクレジットでも「????」とだけ表記されていたが、ようやくお披露目となった。

 ドラマは、企画・原案を秋元康さん、脚本を「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などの徳尾浩司さんが務めるオリジナルの青春群像ラブストーリー。泉(飯沼さん)が通う桜彩館高校2年1組に「とんでもないイケメン」とうわさされる祖父江が転校してくる。しかし、祖父江は初日から欠席。担任から、祖父江の家に宿題を届ける係に任命された泉は、母親の麻里(矢田亜希子さん)から「息子の友達になって」と頼まれる。泉は、同級生たちに内緒で祖父江と連絡を取り合う……という展開。

 鈴鹿さんは、主演の飯沼さんが女優デビューを果たすきっかけとなったオーディション番組「私が女優になる日_」(TBS)の最終演技バトルで相手役を務めており、飯沼さんとは久々の共演となる。

 鈴鹿さんは「こういう形でずーっと僕が演じていることは隠されていてというパターンは初めてでドキドキしていました。きちんと顔を出して演じられる話数が少ない中でどう泉さんと距離を詰められるのかなと心配な部分もありましたが、泉さんも現場もとても温かくて安心して演じることができました。スタッフさんたちがようやく僕の顔を映せるようになったことを楽しんでくれていたのもうれしかったです(笑い)」とコメント。「祖父江君と泉さんもやっと会えて、その2人の初恋をちょっとニヤニヤしながら見てもらえたらうれしいなと思います。僕もお芝居しながら、キュンキュンしてました」と話している。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る