カムカムエヴリバディ:村雨辰剛が登場で「筋肉庭師キター」 博多大吉の「意外と着やせするタイプ」指摘も大ウケ

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で米軍将校ロバート・ローズウッドを演じる村雨辰剛さん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で米軍将校ロバート・ローズウッドを演じる村雨辰剛さん (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第27回が12月7日に放送。同局の人気番組「みんなで筋肉体操」の“筋肉アシスタント”で知られる庭師の村雨辰剛さんが、米軍将校のロバート・ローズウッド役で登場。SNSで「筋肉庭師キター」「村雨さんキターッ」「筋肉の人!」と注目を集めた。

 第27回では、安子(上白石さん)は、幼なじみのきぬ(小野花梨さん)の力を借り、「水田屋とうふ」の一角に作ったおはぎを置かせてもらい、ささやかな商いを始める。それはるいの額の傷の治療費を稼ぐためでもあった。しかしある日、千吉(段田安則さん)からるいを連れておはぎを売り歩くことを反対されてしまう。そうして安子は、留守の間るいの面倒を雪衣(岡田結実さん)に任せ、るいのため一つでも多くのおはぎを売るために奔走する……。

 そんな中、おはぎを売り歩く安子は街中でロバートと遭遇。ロバートは言葉が通じずに困っている様子で、安子が英語で「May I help you?(何かお困りですか?)」と話しかけるシーンがあった。

 恒例となっている朝の情報番組「あさイチ」での朝ドラ受けでは、「博多華丸・大吉」の博多大吉さんから「意外と着やせするタイプ」と指摘され、ネット上では「筋肉体操の村雨さん、着やせするタイプw」「確かに着やせするタイプww」と大ウケだった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る