綾野剛:「アバランチ」クランクアップ 「自分の人生にとても大きな影響」

連続ドラマ「アバランチ」のクランクアップを迎えた綾野剛さん=カンテレ提供
1 / 1
連続ドラマ「アバランチ」のクランクアップを迎えた綾野剛さん=カンテレ提供

  俳優の綾野剛さん主演の連続ドラマ「アバランチ」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)がこのほど、クランクアップを迎えた。撮影を終えた綾野さんは、「アバランチメンバーや羽生誠一に出会えたこと、なにより皆さんとこの作品を今日まで走り切り雪崩を起こせられたこと、これからの自分の人生にとても大きな影響を与えてくれました。心から感謝申し上げます」とあいさつし、スタッフに感謝していた。

 また綾野さんは「このドラマを批評してくださる記者、ライター、視聴者の皆様がノンフィクションの批評のように、現実と同じ目線や感覚で言葉を紡いでくださっていることに、とても感激しました」と視聴者らにも感謝。

 20日の最終回について「全10話を通して、全国民に“委ねる”のではなく“託す”という最終話を迎えました。このドラマは勝敗を表現したい作品ではありません。すべての人たちにとって当たり前の希望や、生きることへの誇りや尊厳を、少しでも感じ取っていただけたらと。僭越(せんえつ)ながら皆様の"現在"への寄り添いになりましたら、幸いです。最後になりますが、本当の“Episode Final”は皆様のお心の中にあります。ぜひ、受け取ってください」と、メッセージを送った。

 ドラマは、令和の日本を舞台に謎の集団「アバランチ」の過激で痛快な活躍を描くピカレスク・ロマン。映画「新聞記者」などを手掛けた藤井道人監督がチーフ監督を務めている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る