カムカムエヴリバディ:算太が失踪 安子を心配する声が続々 「たちばな再建は」「キツい展開」

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第37回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第37回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第37回が12月21日に放送。算太(濱田岳さん)が失踪し、安子(上白石さん)を心配する声が寄せられた。

 第37回では、雉真(きじま)家を出るという決意を固めた安子だったが、千吉(段田安則さん)は、るいを連れていくことを許さなかった。るいの額の傷を治すには莫大(ばくだい)な金がかかり、それは雉真繊維の力がなければ不可能。「雉真の子として育てられるのがるいにとって一番幸せなことなのだ」という千吉の言葉に、安子は反論できなかった。そんなある日、算太が失踪したという知らせが入る……という展開。

 通帳と印鑑を持ち、信用金庫に向かったはずの算太が失踪。ナレーションで「安子は街を駆け回って捜し、ようやく算太が大阪行きの切符を買っていたことを突き止めました」と説明され、安子が大阪で駆け回る様子が描かれた。

 SNSでは「また逃げたんか」「算太またどこかへ行ってしまう」「算太はやらかしてくれるなあw」「算太はメンタル弱すぎ」「通帳と印鑑持ち逃げか……」「たちばな再建はどうすんだろう」「キツい展開ですね」などの声が寄せられた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る