劇場版 呪術廻戦 0:最速上映に1万5000人 “百鬼夜行”新宿も盛況

「劇場版 呪術廻戦 0」の一場面(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社
1 / 9
「劇場版 呪術廻戦 0」の一場面(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のアニメ「呪術廻戦」の劇場版「劇場版 呪術廻戦 0」(朴性厚監督)が12月24日、公開された。全国58スクリーンで同日0時から最速上映が実施され、約1万5000人が来場した。

 最速上映は、全国7大都市14劇場28スクリーンで開催予定だったが、チケットが即日完売し、最終的には58スクリーンで実施。最悪の呪詛師・夏油傑(げとう・すぐる)による“百鬼夜行”の舞台となる東京・新宿のTOHOシネマズ新宿は、2スクリーンで実施予定だったが、チケットが数分で完売したため、順次スクリーン数を拡大し、最終的には8スクリーンで上映された。公開前日午後11時過ぎには約2000人のファンが訪れ、館内が熱気に包まれた。ファンがキャラクターグッズを手に写真撮影を楽しむ姿も見られ、「ずっとこの日を待っていた!」「やっと見られる!」「始まる前から泣きそう……」などと話していた。

 乙骨憂太(おっこつ・ゆうた)、禪院(ぜんいん)真希、狗巻棘(いぬまき・とげ)、パンダ、五条悟、夏油のアクションシーンのカットも解禁された。刀に呪いを込めて戦う乙骨、呪具を片手に呪霊をにらみつける真希、呪言を駆使して呪霊を倒す狗巻、ゴリラモードで戦うパンダらが描かれている。エンディングテーマが、バンド「King Gnu」の新曲「逆夢」であることも発表された。

 「呪術廻戦」は2018年から同誌で連載中。強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。テレビアニメが2020年10月~2021年3月に放送された。

 劇場版は、「呪術廻戦」の前日譚(たん)にあたる原作コミックスの“0巻”の「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」が原作。2017年に「週刊少年ジャンプ」の増刊「ジャンプGIGA」(同)で全4話が掲載された。虎杖悠仁たちの1学年先輩の世代が登場するエピソードで、五条悟が、自身の死刑を望む高校生・乙骨憂太を都立呪術高専に転入させる。緒方恵美さんが乙骨の声優を務め、テレビアニメと同じくMAPPAが制作する。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画