カムカムエヴリバディ:オダギリジョーが“宇宙人”役で登場 SNS「何者?」「犬になったり宇宙人になったり」と反響

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第40回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第40回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第40回が12月24日に放送。オダギリジョーさん扮(ふん)する謎の男が登場。クレジットで役名が「宇宙人」と記され、SNSでは「何者?www」と盛り上がった。

 第40回では、仕事の面接がうまくいかなかったるい(深津さん)は、荷物を預かってくれたクリーニング店に戻り、事情を話す。店主の竹村平助(村田雄浩さん)と妻の和子(濱田マリさん)の提案に乗り、るいは店に住み込みで働くことに。和子からクリーニングの仕事を一つ一つ丁寧に教えてもらうるい。ある日、店番を任されていると、そこにちょっと変わったお客さん(オダギリジョーさん)が訪れる。

 お客さんは大量の洗濯物を持参。るいが心の声で「この人の日常がまるで見えてこん」「いってえこの人、何者じゃろう」と困惑し、シャツに「宇宙人」と糸で縫う様子が描かれた。

 脚本・演出を手掛けた同局の連続ドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」で、犬役に初挑戦し、話題となったオダギリさんだが、SNSでは「オダギリジョーは犬になったり宇宙人になったり忙しいな」「本日のパワーワード『宇宙人 オダギリジョー』」「オダギリジョー怪しい(笑い)」「宇宙人が朝ドラに出るのは初めてでは」といった声が次々と上がっていた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る