市川実日子:初めてづくしの「カムカムエヴリバディ」 深津絵里、オダギリジョーとの共演に「ワクワク」

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」でベリーを演じる市川実日子さん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」でベリーを演じる市川実日子さん (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)で、ジャズ喫茶に通う女子大生“ベリー”を演じる市川実日子さん。深津さん、オダギリジョーさんとの共演に「ワクワクしました」といい、「深津さんはお会いするのも初めてで、オダギリさんとは以前、大河ドラマに出演したときに、同じシーンはないけれどごあいさつだけしたことがありました。今回ご一緒できるのが楽しみでした」と明かしている。

 「大阪のNHKに行くのも初めてで、初めてづくしです。高校生のとき“朝ドラ”が好きで放送を見てから学校へ行っていたんです。だから毎日遅刻していました(笑い)」

 市川さんが演じるベリーは、錠一郎(オダギリさん)にほれている女子大生。ジョーとるい(深津さん)の関係に心落ち着かず、るいに対して敵対心むき出しで迫ってくるという役柄だ。市川さんは「ベリーは勢いがある印象です」といい、「るいさんも、ジョーさんも、静かな印象で。静かな方々の中、ポンと動いているような人。発言に裏表もないし、自分の思ったことと行動が一直線につながっています。台本を読んでいるとバシバシとものを言う印象を受けましたが、京都ことば特有のものなのか、実際には直接言っている感じがしないというか……。ちょっとかわしている感じもしています。圧は強いんだけど、繊細でもあるんです」と印象を語る。

 また、「最初は、ベリーがジョーにどういう思いでいるのかちょっと考えました。ファンなのかな? それとも、恋心なのかな?」とも告白。ジョーとの関係性について「紙一重ですよね、そういう思いって。でも、今は熱烈なファンなんだろうなと思っています。ファンであることを、自分では恋だと思っているのかな。ジョーはジャッジしないというか、線を引いてない感じがする人ですよね。いい悪いで判断していないような。自分のトランペットのことに関しては情熱を持って真剣にやっているけれど、その他のことに対しては穏やかで。何にもなびかないような、打っても全然響かないような、ベリーはそういうところにも興味をもっている気がします」と説明していた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る