奥平大兼:茅島みずき主演ドラマで頭脳明晰な高校生役 大手スーパーの御曹司に

連続ドラマ「卒業式に、神谷詩子がいない」に出演する奥平大兼さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「卒業式に、神谷詩子がいない」に出演する奥平大兼さん=日本テレビ提供

 俳優の奥平大兼さんが、2月27日にスタートする女優の茅島みずきさん主演の連続ドラマ卒業式に、神谷詩子がいない」(日本テレビ・関東ローカル、日曜午後1時45分)に出演することが1月14日、明らかになった。高校生の男女6人による青春群像劇で、大手スーパーの御曹司で、頭脳明晰(めいせき)な高校生・寺島史也を演じる。奥平さんは「今のリアルな高校生の姿を見せたいなと思っています。この6人でしか見せられない高校生の姿を見せつつ、物語としてどうなっていくかを楽しんでもらえるとうれしいです」と意気込んでいる。

 ドラマは、夢も希望も目標もなく、明るい未来を思い描けずにいた主人公・神谷詩子(茅島さん)が、高校入学時に史也(奥平さん)と出会い、転機を迎える。詩子はダンスをきっかけに史也ら5人の仲間たちと意気投合し、自分たちを「ファンファーレ」と名付けて、ともに時間を過ごす。そして迎えた卒業式。高校最後の大切な日に詩子はいなかった……というストーリー。

 奥平さんは「同世代の方々と大人数でお芝居するというのが初めてなので、うれしかったですし、すごく楽しみです」とコメント。同世代の共演者との撮影については「そのときのテンションだったり現場の雰囲気でお芝居も変わると思うので、どのように作り上げられるのかがすごく楽しみです。僕も頑張りたいなと思います」と語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画