おかずのクッキング:48年の歴史に幕 親子2代で番組支えた土井善晴 「とても残念ですが、一生懸命できたことを誇りに」

「おかずのクッキング」の土井善晴さん(左)、堂真理子アナウンサー=テレビ朝日提供
1 / 3
「おかずのクッキング」の土井善晴さん(左)、堂真理子アナウンサー=テレビ朝日提供

 テレビ朝日の長寿料理番組「おかずのクッキング」(土曜午前4時55分)が3月をもって終了し、約48年の歴史に幕を下ろすことが1月14日、発表された。

 「見るだけで料理上手」をコンセプトに、料理研究家の土井善晴さんらが“家庭のおかず”の作り方を紹介する同番組。1974年4月、「おふくろの味」という言葉を世に広めた料理研究家の故・土井勝さんがメインを務める「土井勝テレビお料理教室」としてスタート。当時は月~金曜の夕方5分間の番組だった。1993年、勝さんの息子の善晴さんが司会を引き継ぎ、“家庭料理は愛情”という勝さんの精神を大切にしながら、現代の暮らしに合った日本の家庭料理を追求。2000年10月以降は毎週1回25分番組という形式になったが、善晴さんの軽妙な語り口と作りやすいレシピで長年親しまれ、番組テキストも発売されてきた。

 善晴さんは「父の『土井勝おかずのクッキング』はテレビ朝日でも有数の長寿番組でした。番組が始まった48年前といえば、私は高校3年生でした。それから料理修行の後、父と共に講師を務めさせていただくようになるのは34年前からです。これほどの長い年月を支えてくださったテレビ制作、テキスト出版でご一緒させていただいた方々には感謝しかありません」とコメント。

 そして、「『おかずのクッキング』はとても良い番組だったと思います。2022年3月をもって番組が終わることはとても残念ですが、一方で、いつも一生懸命できたことを誇りに思います。いつも番組を見ていただいた皆様に心よりお礼申し上げます。皆様の長きにわたる励まし、ご指導、心より御礼申し上げます」と感謝を述べた。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る