ドラマ1週間:吉高由里子が「花子とアン」以来8年ぶりのNHKドラマ出演 「カムカムエヴリバディ」錠一郎がるいに“思い”告げる

3月にNHK・BS8Kで放送される特集ドラマ「風よ あらしよ」に主演する吉高由里子さん
1 / 1
3月にNHK・BS8Kで放送される特集ドラマ「風よ あらしよ」に主演する吉高由里子さん

 1週間の主なドラマのニュースをまとめて紹介する「ドラマ1週間」。今回(1月8~14日)は、女優の吉高由里子さんが、3月にNHK・BS8Kで放送される特集ドラマ「風よ あらしよ」で、2014年前期の連続テレビ小説(朝ドラ)「花子とアン」以来、約8年ぶりに同局のドラマに出演する話題、上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)で、錠一郎(オダギリジョーさん)がるい(深津さん)に思いを告げる姿が描かれた話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 13日、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第51回が放送された。同回では、るいはトミー(早乙女太一さん)の誘いで、錠一郎とベリー(市川実日子さん)と共にドライブに出かける。ドライブからの帰り、錠一郎はるいを送りがてら、関西一のジャズトランぺッターを決めるコンテストへの出場を決心。優勝者は東京・銀座の一流クラブへのステージ出演とレコードデビューを果たせることもあり、錠一郎は「もし僕が優勝したら、一緒に東京に行ってくれる?」とるいに切り出す……。SNSでは「いきなりのプロポーズ?」「それは完全にプロポーズの言葉じゃん」「アレコレすっ飛ばしていきなりプロポーズ」と盛り上がった。

 13日、女優の黒木華さん主演の連続ドラマ「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」(フジテレビ系、木曜午後10時)第2話が放送され、女優の秋元才加さんがゲストとして出演した。主人公の瀬古凛々子(黒木さん)の“取材ネタ”となる俳優・前橋恵一(武田航平さん)のマネジャー・牧紗耶香を演じた。牧は、少し頼りなく顔だけが取りえの前橋を陰で支える敏腕マネジャー。凛々子の同僚の根津道春(溝端淳平さん)に初心を思い出させるきっかけを与える役どころになっていた。

 13日、俳優の竹内涼真さん主演のドラマシリーズ「君と世界が終わる日に」の新エピソード「君と世界が終わる日に 特別編」が2月25日に「金曜ロードショー」(日本テレビ系、金曜午後9時)で放送されることが分かった。特別編には、アイドルグループ「欅坂46」の元メンバーの長濱ねるさんが出演することも発表された。長濱さんがドラマに出演するのは「欅坂46」卒業後初めてで、ゾンビ化させるウイルスの感染爆発が発生した病院に勤務する看護師・伊東亜希を演じる。

 13日、俳優の町田啓太さんをモデルにしたマンガとドラマのプロジェクト「僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!」の大賞作品が、大盛のぞみさんのマンガ「ダメな男じゃダメですか?」に決定したことが分かった。同プロジェクトは、テレビ東京と電子書籍サイト「めちゃコミック」によるコラボ企画で、コンテストで大賞に輝いたマンガ家の作品をめちゃコミックで連載し、テレビ東京でドラマ化。町田さんがマンガの主人公となり、ドラマで主演も務める。「ダメな男じゃダメですか?」では、東京で偽りの人生を送る見えっ張りな大学生・田町権太(町田さん)と田舎暮らしのパワフルなおばあちゃんが入れ替わるストーリーとなっている。

 13日、俳優の奥平大兼さんが、今年WOWOWで放送・配信される連続ドラマ「WOWOWオリジナルドラマ 早朝始発の殺風景」で、女優の山田杏奈さんとダブル主演を務めることが分かった。2人は共にWOWOWドラマ初主演で、奥平さんは連続ドラマの主演も初めて。ドラマは、“平成のエラリー・クイーン”と称される青崎有吾さんの小説「早朝始発の殺風景」(集英社)が原作。高校生たちの“密室会話劇”を通して描く青春ミステリーで、奥平さんと山田さんがほぼ2人で芝居を繰り広げる。始発電車、放課後のファミレス、観覧車のゴンドラの中など、さまざまなシチュエーションが描かれ、会話劇によってある一つの真相が解き明かされていく。

 14日、奥平さんが、茅島みずきさん主演で2月27日にスタートする連続ドラマ「卒業式に、神谷詩子がいない」(日本テレビ・関東ローカル、日曜午後1時45分)に出演することが分かった。ドラマは高校生の男女6人による青春群像劇で、奥平さんは大手スーパーの御曹司で、頭脳明晰(めいせき)な高校生・寺島史也を演じる。

 14日、ダンス・ボーカルグループ「EXILE/FANTASTICS」の佐藤大樹さんと、女優の見上愛さんが、2月15日からMBS・TBS深夜の「ドラマイズム」枠で放送される連続ドラマ「liar」でダブル主演を務めることが分かった。2人とも地上波ドラマ初主演。ドラマは、小説投稿サイト「エブリスタ」に掲載された小説をコミカライズした同名マンガが原作。男女双方の目線で物語が展開するラブストーリーで、ドラマでも原作同様に、男女の視点が入れ替わりながらストーリーが進む。見上さんは、商社勤務の新社会人・成田美紗緒、佐藤さんは、同じ部署の無愛想な先輩・市川一哉を演じる。

 14日、吉高さんが、3月にNHK・BS8Kで放送される特集ドラマ「風よ あらしよ」に主演することが分かった。吉高さんが同局のドラマに出演するのは、主演を務めた2014年前期の連続テレビ小説(朝ドラ)「花子とアン」以来、約8年ぶり。ドラマは、第55回吉川英治文学賞を受賞した村山由佳さんの同名小説が原作で、第35回向田邦子賞を受賞した矢島弘一さんが脚本を担当。大正時代の女性解放運動家・伊藤野枝(吉高さん)が、結婚制度や社会道徳に真正面から異議を申し立て、貧困・ジェンダー格差など、現代に通じる社会矛盾に果敢に立ち向かった姿を描く。永山瑛太さん、松下奈緒さん、稲垣吾郎さんが出演することも発表された。

 14日、女優の大原優乃さんと、「劇団EXILE」の佐藤寛太さんが、2月3日からMBS「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)枠で放送される連続ドラマ「あせとせっけん」でダブル主演を務めることが分かった。大原さんが地上波の連続ドラマに主演するのは初めて。2018年にアプリ「週刊Dモーニング」(講談社)で連載を開始、その後、週刊マンガ誌「モーニング」(同)に移籍して2021年まで連載された山田金鉄さんの同名マンガが原作。汗っかきなメガネ女子・八重島麻子と、匂いフェチなプランナー・名取香太郎の恋を描く。大原さんは八重島麻子、佐藤さんは名取香太郎を演じる。

テレビ 最新記事