瀧本美織:「ドクターホワイト」で内科医に 非常識な“白夜”浜辺美波にイラッ?

連続ドラマ「ドクターホワイト」で高森麻里亜を演じる瀧本美織さん=カンテレ提供
1 / 1
連続ドラマ「ドクターホワイト」で高森麻里亜を演じる瀧本美織さん=カンテレ提供

 女優の浜辺美波さん主演の連続ドラマ「ドクターホワイト」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)が、1月17日にスタートする。豊富な医療知識を持つ正体不明の女性・雪村白夜(浜辺さん)が、医師たちの診断を覆し、患者の命を救っていく医療ミステリーだ。瀧本美織さんが演じる内科医・高森麻里亜を紹介する。

 ◇跡継ぎとして期待される内科医 「総合診断協議チーム」リーダーに

 麻里亜は、高森総合病院の内科医。院長・巌(石坂浩二さん)の娘であり、将貴(柄本佑さん)とは幼なじみ。優秀な外科医である兄・高森勇気(毎熊克哉さん)が、病院を去って以降、跡継ぎとして期待されることに。ウンザリしつつも、責任感の強さから仕事はきっちりこなす。

 巌から「総合診断協議チーム」(通称CDT)のリーダーに指名される。非常識な白夜にいら立つが、彼女の診断能力をCDTに生かそうとする。

 ◇初回ストーリー

 医療ジャーナリストの狩岡将貴が、ある朝、日課のランニング中に、公園で倒れている女性を見つける。透き通るような肌と整った顔立ちを持つその女性は、素肌にたった一枚、白衣だけを身に着けていた。

 幼なじみの内科医・高森麻里亜に助けを求め病院へ運び込むと、目を覚ました女性は自らを「白夜」と名乗り、検査結果を見ずに将貴の不調の理由を言い当てたり、急患に対する外科の診断を「誤診です」と指摘する。驚異的な医学知識とは裏腹に、白夜はそれ以外の記憶をすべて失っていた。謎めいた白夜の存在は、麻里亜の父で院長の高森巌の失脚をもくろむ外科部長・真壁仁(小手伸也さん)の目にとまり……。

テレビ 最新記事