カムカムエヴリバディ:「ホットドッグ」まさかのトレンド入り 錠一郎のステージ衣装にケチャップべっとり 視聴者「あなたって人は」

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第53回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第53回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第53回が1月17日に放送。錠一郎(オダギリジョーさん)が好物のホットドッグを頬張る一幕があり、ツイッターでは「ホットドッグ」がまさかのトレンド入りした。

 第53回では、関西一のトランぺッターを選ぶコンテストの衣装を選ぶため、錠一郎とるい(深津さん)は洋品店を訪れ、そこで2人の思いは通じ合う。準備万端と思っていたところ、ラジオで「勝者はトミー北沢(早乙女太一さん)に違いない」という予想を偶然聞き、錠一郎は自信をなくしてしまう。映画館主の西山(笑福亭笑瓶さん)の勧めで、2人は気分転換に映画を見に行くことに。錠一郎はホットドッグを頬張りながら、映画を鑑賞する。

 迎えたコンテスト当日、るいが応援のために出かける準備をしていると、錠一郎が慌てて駆け込んでくる。見ると、ステージ衣装にケチャップがべっとり。錠一郎はステージ衣装を着てホットドッグを食べていたようで、るいから「着替えるとか、せめて前掛けするとかしたらいいでしょ!」と叱られる……という展開だった。

 SNSでは「あなたって人は……」「着替えてからホットドッグを食べなよ」とあきれる声のほか、「ジョーもうホットドッグ食べへん言うたやん!w」「ホットドッグ食べながらものすごい真剣に映画見てるジョーかわいい」「ジョーのあわわ顔ww」などの反響が寄せられた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事