湯川れい子:フィリピンで戦死した兄、敵国の曲が好きとは言えず 明日の「徹子の部屋」

1月19日放送の「徹子の部屋」に出演する湯川れい子さん=テレビ朝日提供
1 / 3
1月19日放送の「徹子の部屋」に出演する湯川れい子さん=テレビ朝日提供

 音楽評論家で作詞家の湯川れい子さんが、1月19日午後1時から放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演する。ラジオDJとして洋楽を紹介することから音楽評論家への道が始まったという湯川さん。洋楽に興味を持ったきっかけになった、フィリピンで戦死した兄との思い出などを語る。

 コロナ禍で大打撃を受けた音楽業界。湯川さん自身も、イベントやコンサートの中止、カラオケ利用の減少などで大幅な収入減になったという。延期されていた公演などが、最近ようやく開催できてホッとしていると話す。

 湯川さんは、出征直前の兄が口笛を吹いていたのをよく覚えているという。兄は「僕が作った曲」と言っていたが、実は真珠湾攻撃の頃に米国で大ヒットした曲だった。当時、なぜ敵国の曲を聴けたのか今となっては知る由もないが、兄は敵国の曲が好きとは言えずに出征して亡くなった。湯川さんは「生きて帰っていたら……」と考えると、「絶対に平和を守らなければならないと思う」と力を込める。兄の残したという美しいイラストも紹介する。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事