大竹しのぶ:東京五輪閉会式の大役をさんま、二千翔、IMALUよりも喜んでくれた人とは? 「徹子の部屋」で語る

1月28日放送の「徹子の部屋」に出演する大竹しのぶさん=テレビ朝日提供
1 / 3
1月28日放送の「徹子の部屋」に出演する大竹しのぶさん=テレビ朝日提供

 女優の大竹しのぶさんが、1月28日午後1時から放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演する。東京2020オリンピック閉会式で「聖火を消す」という大役を担った大竹さん。番組ではその時の心境や、亡くなった父からの教えなどを話す。

 閉会式で大竹さんは全く緊張しなかったといい、友人の清水ミチコさんから「少しは緊張しなさいよ」と言われたという。元夫の明石家さんまさん、息子の二千翔(にちか)さん、娘のIMALUさんの反応も気になり連絡したが、一番喜んでくれたのは家族ぐるみで付き合いのある歌舞伎俳優の中村勘九郎さん一家だった。特に、孫のように可愛がっている勘九郎さんの長男、勘太郎さん、次男、長三郎君兄弟は大興奮してくれたという。

 勘太郎、長三郎兄弟の最近の成長ぶりに「もう立派な俳優」と話す大竹さん。番組では、そんな2人から大竹さんへの“サプライズ”もある。

 今年の誕生日で亡くなった父親と同じ年齢になる大竹さんは「嫌なときは嫌と言えるようになりなさい」としつけられた。20歳の頃、演出家や脚本家に「ここは納得できない」と直談判に行くこともあったが、ある先輩女優の助言で、台本に書いていない心情も考えて演技をするようになったという。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事