カムカムエヴリバディ:るい「おいでやす~」で“おいでやす小田”が登場!「キレの良い店」の前掛けに注目も

おいでやす小田さん
1 / 1
おいでやす小田さん

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第61回が1月27日に放送。お笑いタレントのおいでやす小田さんが、“キレの良い”酒屋のおじさん・森岡新平役で朝ドラデビューを果たし、話題となった。

 第61回では、京都で暮らし始めたるい(深津さん)は、錠一郎(オダギリジョーさん)と回転焼き屋をオープンさせる。しかし近所からの評判は芳しくなく、全く売れない。様子を見に来た一子(市川実日子さん)は、あんこの味には自信があるというるいの言葉に、試食をしようとした瞬間、近所で酒屋を営む森岡が「大変だ!」と飛び込んでくる……という展開。

 小田さんが演じる森岡は、あかね通り商店街の森岡酒店の店主。“キレの良い店”が売り文句で、前掛けにもと書かれてあった。また回転焼き屋「大月」の前を通りがかり、るいから「おいでやす」と声を掛ける一幕も。

 SNSでは「『おいでやす~』って声かけてたらおいでやす小田さん登場して笑ってしまった」「おいでやすからのおいでやす小田」「あまりにも自然な登場」と笑いが起こっていたほか、「完全にあの世界の住人として溶け込んでいた」「京都人らしいキレ味の鋭さ!」「キレてるおいでやす小田さんにピッタリの前掛けです」といった反響もあった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事