柏木由紀:難病判明の「主治医が見つかる診療所」に帰還 「人間ドックを勧めるようになった」

1月31日放送の「主治医が見つかる診療所」に出演するAKB48の柏木由紀さん(C)テレビ東京
1 / 3
1月31日放送の「主治医が見つかる診療所」に出演するAKB48の柏木由紀さん(C)テレビ東京

 アイドルグループ「AKB48」の柏木由紀さんが、1月31日午後8時から放送されるバラエティー番組「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)に出演する。「謎の病気を解明スペシャル」と題した今回の放送では、実在する名医が遭遇した、誰にでも起こり得る病気でありながらも、原因の解明が非常に困難だった“謎の病気の犯人”をドラマ仕立てで紹介。柏木さんは再現ドラマで、スゴ腕医師役として登場する。

 昨年6月、同番組の人気企画「芸能人人間ドック」で、“10万人に1人”の難病「脊髄(せきずい)空洞症」だったことが判明した柏木さん。その後、活動を一時休養し、7時間に及ぶ手術も経験した。

 今回は、そんな柏木さんが医師に扮(ふん)して、「コロナ禍に注意したい、テレワークによって引き起こされた頭痛の意外な原因」や、「アレルギーがないのに毎日別の場所にできる“真冬のじんましん”」など病気の意外な原因を究明したVTRに登場する。共演はお笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸さん。

 柏木さんは「番組で人間ドックを受けて以来、バランスの良い食生活を心がけています! 身をもって検査の大切さを実感し、近くの人に人間ドックを勧めるようになりました」と昨年の番組出演を振り返りつつ、「今回は病気を見つける側として出演していて、医師役が初めてだったこともあり、とても緊張しました。誰にでも起こり得る病気の原因に、私自身、とても驚きましたし、楽しく見ながら勉強にもなると思います。そして、珍しくかっこいい姿を見てもらえると思います!!」とアピールしている。

写真を見る全 3 枚

アイドル 最新記事