愛しい嘘~優しい闇~:第7話 “雨宮”林遣都は別人? “望緒”波瑠が問い詰めると?

女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」第7話のワンシーン=テレビ朝日提供
1 / 3
女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」第7話のワンシーン=テレビ朝日提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「愛しい嘘(うそ)~優しい闇~」(テレビ朝日系、金曜深夜)第7話が2月25日午後11時15分から放送される。

 目の前の雨宮秀一(林遣都さん)は本物の雨宮じゃない。中学時代の初恋の人・雨宮と、14年の時を経て再会した“雨宮”とでは耳の形が違うことに気づいた今井望緒(波瑠さん)。

 望緒に「あなた、誰?」と問い詰められた“雨宮”は、疑問に一切答えずに姿を消す。しかも彼がその足でこっそり会ったのは、部品工場社長の古堀和也(木村了さん)。岩崎奈々江(新川優愛さん)と野瀬優美(黒川智花さん)が亡くなった「同級生連続不審死事件」の黒幕の可能性が極めて高い中学の同級生・中野幸と思われる人物だった。

 “雨宮”は古堀に「今井望緒は僕が殺す」と告げる。

 望緒は激しく混乱しながらも、愛する“雨宮”と真正面から向き合い、とんでもないうそをついていた理由と彼の正体を突き止めようと決意する。

 その矢先、優美の夫・野瀬正(徳重聡さん)がまたも狂気に満ちた行動に出る。優美の不倫相手だと疑って“雨宮”を刺した正は、いきなり玲子(本仮屋ユイカさん)にナイフを突きつけて……。

 原作は講談社の無料マンガアプリ「Palcy(パルシィ)」で連載中の愛本みずほさんのマンガ「愛しい嘘 優しい闇」。明るい将来が見えないまま、マンガ家アシスタントとして働く主人公・今井望緒(みお)が、中学卒業から14年たったある日、不意に開かれた同窓会で初恋相手の雨宮秀一と再会し、片思いと思っていた彼から積極的アプローチを受ける一方で同級生が次々と亡くなる事件に巻き込まれていく、というラブサスペンス。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事