第45回日本アカデミー賞:最優秀主演男優賞は西島秀俊 「日本映画のために身をささげたい」 3・11に受賞「大きな意味がある」

西島秀俊さん(C)東京写真記者協会
1 / 3
西島秀俊さん(C)東京写真記者協会

 日本映画の祭典「第45回日本アカデミー賞」授賞式が3月11日、東京都内で開催され、映画「ドライブ・マイ・カー」(濱口竜介監督)の西島秀俊さんが最優秀主演男優賞に選ばれた。西島さんは「驚いています。名誉な賞を頂いて感謝しています。濱口監督やスタッフ、皆さんの力でいただいた賞だと思っています」とコメントした。

 西島さんは、「世界が混乱していて、いろいろなつながりが切れている中、また今日、3月11日で東日本大震災から11年がたちました。人とのつながり、魂の再生の物語が賞を頂いたことは、大きな意味があるのではないかと思っています。これからも、人に寄り添い、希望を持つような素晴らしい作品に参加したいです。日本映画のために身をささげたいと思っています」と語った。

 「ドライブ・マイ・カー」は、村上春樹さんの短編小説集「女のいない男たち」(文春文庫)収録の同名小説が原作。舞台俳優で演出家の家福悠介(西島さん)は、脚本家の妻・音(霧島れいかさん)と満ち足りた日々を送っていた。しかし、妻はある秘密を残したまま突然この世からいなくなってしまう。2年後、演劇祭で演出を任されることになった家福は、愛車のサーブで広島へ向かう。そこで出会ったのは、寡黙なドライバー・渡利みさき(三浦透子さん)だった。みさきは悠介の愛車を運転してくれることになったのだが、家福はみさきと過ごす中で、それまで目を背けていたことに気づかされていく……というストーリー。

 同賞は日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のために設けられ、選考は日本アカデミー賞協会員の投票で実施される。今回の選考は、2021年1月1日~12月31日に公開された作品が対象。羽鳥慎一さんと長澤まさみさんが司会を務めた。

 ◇優秀主演男優賞は次の通り(敬称略)

 佐藤健「護られなかった者たちへ」▽菅田将暉「花束みたいな恋をした」▽西島秀俊「ドライブ・マイ・カー」▽松坂桃李「孤狼の血 LEVEL2」▽役所広司「すばらしき世界」

写真を見る全 3 枚

映画 最新記事