村上虹郎:井上真央からピアノの腕前絶賛されるも慌てて否定 「母親に怒られる」

「BS松竹東急」の開局記念特別企画ドラマスペシャル「夜のあぐら ~姉と弟と私~」の記者発表会に登場した村上虹郎さん
1 / 1
「BS松竹東急」の開局記念特別企画ドラマスペシャル「夜のあぐら ~姉と弟と私~」の記者発表会に登場した村上虹郎さん

 俳優の村上虹郎さんが3月24日、東京都内で行われたBS松竹東急のドラマスペシャル「夜のあぐら ~姉と弟と私~」の記者発表会に女優の井上真央さんと登場。作中では、元ピアノ講師役の井上さんがピアノを弾くシーンがあり、村上さんは井上さんの腕前を絶賛。一方で、井上さんから「虹郎君に『なんか弾いてみて』と言ったら『弾けないですよー』と言いながら、タラララランと弾き始めて。かっこよすぎて悔しい、みたいな……(笑い)」と腕前を暴露されると、村上さんは「違うんです。それ、母親(歌手のUAさん)に怒られるんで。『音楽できるふりすんな』と言われちゃうんで。全然弾けないです」と慌てて否定し、場を笑わせていた。

 主人公の秋子を演じる井上さんは、今作の役作りでピアノを練習したといい、「小学校1年生ぐらいのときに少し通ったけど、まったく上達せずにふてくされてやめたんです。なので、私は絶対向いてないものだと思っていたけど、今回教えてくださった先生がすごくほめてくれるんです(笑い)。だからすごく調子に乗って頑張れて、最初から最後まで弾くことができました」と説明。それを受け、村上さんは「もともと弾いていらっしゃったのかと思っていて。聞くのもおこがましいと思って、言わないようにしていたんで(今聞いて)びっくりしたんです。『あ、弾いてなかったんだ』と。普通に余裕に弾いている感じに見えていたので、びっくりしました」と驚き、井上さんを「ありがとうございます、頑張って弾きました」と喜ばせていた。

 発表会には尾野真千子さんも出席した。

 ドラマは、3月26日に開局する衛星放送チャンネル「BS松竹東急」の開局記念特別企画。父親の死に直面した主人公が遺産相続をめぐる騒ぎに巻き込まれる中で、家族という“繋(つな)がり”を再発見し、不器用ながらも前を向いて生きていこうとするヒューマンストーリー。日々を漫然と過ごしていた秋子(井上さん)は、ある日姉の春子(尾野さん)から、ひきこもりの弟・雪雄(村上さん)と共に緊急招集をかけられ、死が迫った父の遺産を父の愛人から守るために戦うことを提案される……という内容。

 原作・原案は芥川賞作家の長嶋有さん。監督は映画「鈴木家の嘘」(2018年)などで知られる野尻克己さんで、野尻さんは脚本も手掛ける。4月9日午後9時に放送。

 発表会では、3月26日午後7時から放送スタートするBS松竹東急の編成コンセプトなども紹介。「伝統から革新まですべてを見せる映画」「誰もが楽しめて親しみやすい歌舞伎や劇場文化」「多彩な作り手とコラボレーションする挑戦的なオリジナルドラマ」をコンセプトに据え、バラエティやスポーツ、ドキュメンタリーなどのオリジナル番組もラインアップする予定。

テレビ 最新記事