川栄李奈:「カムカム」3代目ヒロイン「最終週は驚くような怒濤の展開」 朝ドラバトンタッチセレモニー

“バトンタッチ”セレモニーに出席した川栄李奈さん(右)と黒島結菜さん (C)NHK
1 / 2
“バトンタッチ”セレモニーに出席した川栄李奈さん(右)と黒島結菜さん (C)NHK

 NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の“バトンタッチ”セレモニーが3月24日、東京都内で行われ、放送中の「カムカムエヴリバディ」の3代目ヒロイン川栄李奈さんと、4月11日にスタートする「ちむどんどん」のヒロイン黒島結菜さんが出席。川栄さんは「最終週は、『えっ!?』と驚くような怒濤(どとう)の展開です。本当にすばらしい作品になっておりますので、ぜひ最後まで見届けていただき、翌週からは『ちむどんどん』をご覧いただければと思います」とコメントした。

 恒例のプレゼント交換で川栄さんは「カムカムエヴリバディ」でおなじみの「たちばな」のあんこを使った2種類の和菓子を贈呈。黒島さんは「風のうわさで、このあんこがとてもおいしいと聞いていたので、そこにコラボで沖縄の黒糖を合わせていただいて、とてもうれしいです。みんなでおいしくいただきたいと思います!」と語った。

 黒島さんは舞台となる沖縄の「シークワーサーの木で作ったウッドボウル」を渡すと、川栄さんは「すごい! シークワーサーの木、初めて見ました。木目も一つしかなく、作品は一点モノということなので、大切にしたいと思います。ありがとうございます」と喜んでいた。

 セレモニーは、黒島さん演じるヒロイン・比嘉暢子が、鶴見で下宿をする沖縄居酒屋「あまゆ」のセット内で行われた。

 「カムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。ヒロインは上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄さん。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作。2022年に本土復帰50年を迎える沖縄が舞台で、沖縄料理に夢をかけるヒロイン・暢子と、竜星涼さん演じる兄・賢秀、川口春奈さん演じる姉・良子、上白石萌歌さん演じる妹・歌子という、強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の物語となる。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事