ヤッターマン:初ドラマ化 「DORONJO」でドロンジョの壮絶な過去を描く

「ヤッターマン」のドロンジョの過去を描くドラマ「タツノコプロ創立60周年記念WOWOWオリジナルドラマDORONJO」のビジュアル(C)タツノコプロ
1 / 3
「ヤッターマン」のドロンジョの過去を描くドラマ「タツノコプロ創立60周年記念WOWOWオリジナルドラマDORONJO」のビジュアル(C)タツノコプロ

  人気アニメ「タイムボカン」シリーズの「ヤッターマン」の人気キャラクター・ドロンジョの過去を描くドラマ「タツノコプロ創立60周年記念WOWOWオリジナルドラマDORONJO」が制作されることが3月26日、分かった。アニメを手がけるタツノコプロの創立60周年、1977年に放送をスタートした「ヤッターマン」の誕生45周年の節目に、初めてドラマ化されることになった。ドラマは、WOWOWで放送、配信される。キャストは今後、発表される。

 「ヤッターマン」は「タイムボカン」シリーズの2作目として1977年に放送をスタート。正義の味方ヤッターマンと悪党3人組ドロンボー一味が、大金塊のありかを示すといわれるドクロストーンをめぐって、世界中を駆けめぐり争奪戦を繰り広げる姿が描かれた。2008年に再アニメ化されたほか、実写映画版が2009年に公開された。

 ドロンジョは、ドロンボー一味のボス、スタイル抜群の美女で、金銀財宝をこよなく愛し、部下のボヤッキー、トンズラーと共にドクロストーン獲得を狙う。2009年公開の実写映画版では、深田恭子さんがドロンジョを演じたことも話題になった。

 ドラマは、ドロンジョがドロンボー一味を結成する少し前、壮絶な境遇に置かれながらも必死に生きる若き日を描く。切なくも美しい孤高の存在であるドロンジョが、悪に手を染めるに至った壮絶な過去、生きざまを描き、「善とは何か? 悪とは何か?」というテーマに挑む。

 東京ビッグサイト(東京都江東区)で3月26日に開幕した国内最大級のアニメイベント「AnimeJapan(アニメジャパン)2022」のタツノコプロブースでは、最新予告映像、台本、小道具などを展示している。イベントは27日まで。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事