早見沙織:「SPY×FAMILY」 ヨルの「何千万通りの顔を」 ファンの期待に「感謝でいっぱい」

「SPY×FAMILY」の一場面(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会
1 / 17
「SPY×FAMILY」の一場面(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「SPY×FAMILY」が、4月9日から毎週土曜午後11時にテレビ東京ほかで放送される。メインキャラクターで、すご腕の殺し屋、ヨル・フォージャーを演じるのが、人気声優の早見沙織さんだ。テレビアニメ化が発表された時点で「ヨル役は早見さんなのではないか?」と予想するファンも多かった。早見さんは「ファンの方にそういっていただけるのは感謝の気持ちでいっぱいです。同時により緊張感も増していくというか」とプレッシャーを明かし、「ヨルさんは表情がかなり豊かな人なので、パターン化せずに、演技を積み重ねていくうちに何千万通りの顔があるようにしていけたら」と語る。ヨルの魅力、演技のこだわりを聞いた。

 ◇ヨル役に喜びと緊張 「ドキドキ」も

 「SPY×FAMILY」は、2019年3月に「少年ジャンプ+」で連載をスタート。すご腕スパイの<黄昏(たそがれ)>が、任務のためにロイド・フォージャーとしてかりそめの家族を作り、新生活を始める……というストーリー。スパイの父、超能力者の娘、殺し屋の母が互いに正体を隠して生活することになる。アニメは、「機動戦士ガンダムUC」などの古橋一浩さんが監督を務め、「進撃の巨人」シーズン1~3などのWIT STUDIO、「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」などのCloverWorksが制作。ロイドを江口拓也さん、ロイドの娘となる超能力者のアーニャを種崎敦美さんが演じる。

 原作は、数々のマンガ賞に輝き、コミックスのシリーズ累計発行部数が1500万部を超える人気作で、テレビアニメ化、キャスト発表の際は大きな話題となった。

 「オーディションの時点でヨルさんを演じるのはとても楽しかったので、出演が決まった時は、心の中でちょっと舞を踊るみたいにうれしい気持ちになりました(笑い)。ただ、テレビアニメ化が発表され、PVが出て、いよいよ現実になっていくのを目の当たりにした時に、結構大きなプレッシャーというか。ここまで多くの皆さんの反響を集める作品の家族の一員という大事な役目を担わせていただくことに、かなりの緊張感と背筋が正される思いがありました」

 ヨル役については、キャスト発表前からファンの間で「早見さんなのではないか」「早見さんしかいない」といった期待の声が多く上がっていた。

 「そういっていただけるのはすごくありがたいことで、感謝の気持ちでいっぱいですね。より緊張感も増していくというか(笑い)。とはいえ、皆さんが考えている早見沙織のヨル像がどういうものなのか、本人が一番分からないところでもあったりしますので、演じていく中で私もつかんでいけたらいいのかなと。収録では、古橋一浩さん(監督)とはたしょう二さん(音響監督)がいらっしゃるので、ヨルさんのボイス面でのディレクションはお二人に委ねて、新しいヨル像というものを示していただいています。オンエアで皆さんにヨルさんの声をどんなふうに聞いていただけるのか、ドキドキする部分はありますね」

 ◇ヨルを演じ「心がピカピカに」 殺し屋のイメージとは裏腹の純粋さ

 早見さんが演じるヨルは、幼少期から殺人術をたたき込まれた殺し屋だ。早見さんは、ヨルに対して「とっても純粋で一生懸命な人」という印象を抱いたという。

 「殺し屋というザ・裏家業みたいな職業には就いていますけど、その経緯であったり、本人の思いを知ると、殺し屋という響きとは裏腹の、ものすごく純粋な気持ちが見えてきて、真っすぐで魅力的な人だなと感じました」

 ヨルを演じるのが「すごく楽しい」とも感じているという。

 「まず、ヨルさんは表情が豊か。殺し屋の面と、てんやわんやしている部分、酔っ払っちゃった時など、さまざまなシーンをオーディションでも演じたのですが、そこまで何面も入ってるようなオーディションって意外と多くないので、楽しかったですね」

 ヨルを演じることで「心がピカピカになっていく」感覚もある。

 「ヨルさんは、すごく心が澄んでいて、温かいというか。もちろん本人の中では、いろいろな悩みだったり、人に見せてはいけない部分は持っているんですけど、それも全部含めても曇りない部分があるように感じました。そういう人に声を当てて表現していると、自分の心もピカピカになっていくような気がして。心の和らぎ、安らぎみたいなものをもらえるんです」

 ◇ヨルと同じように「心の赴くままに」表現 “幅感”を大事に

 ヨルは「純粋で素直」という軸はあるものの、早見さんが話すようにさまざまな表情を見せる。早見さんは演技に「どのぐらい幅をつけていくか」を探りながら収録に臨んでいる。

 「ヨルさんは素直な人ですけど、その時々で見せる顔はちょっとずつ変わってくる。市役所で働いている時、殺し屋をしている時の起伏の付け方が、ちょっとずつ変わってきて『全部がこれ』という型があるわけではない人なんですよね。心の動くままに表情が変わるタイプ。だから私もできる限り心の赴くままに演じるのがいいのかなと思うんですけど、その幅感をどれぐらいにしていくのかは、難しさもあり、今後楽しみなところでもあります」

 演技に幅を持たせることで「ヨルさんの奥深さが見えてくる」という。

 「だからこそ、自分でも探って調整していければいいなと。その都度、パターン化せず、演技を積み重ねていくうちに何千万通りの顔があるようにしていけたら一番いいのかなと思います」

 ヨルというキャラクターを深く分析し、あえて型を作らずにその魅力を表現しようとする早見さん。アニメのヨルがどんなさまざまな顔を見せてくれるのか、注目だ。

 ※種崎敦美さんの「崎」は「たつさき」

写真を見る全 17 枚

アニメ 最新記事