広瀬アリス:「顔が濃いのでご縁がないのかと」 「どうする家康」で初大河 “家康”松本潤の側室で秀忠の母・於愛の方に

2023年に放送されるNHK大河ドラマ「どうする家康」で於愛の方を演じる広瀬アリスさん(C)NHK
1 / 1
2023年に放送されるNHK大河ドラマ「どうする家康」で於愛の方を演じる広瀬アリスさん(C)NHK

 松本潤さん主演で2023年に放送されるNHK大河ドラマ「どうする家康」の出演者発表会見が4月15日に行われ、女優の広瀬アリスさんが於愛の方役で出演することが発表された。広瀬さんは大河ドラマ初出演。広瀬さんはあまり経験がないという時代劇に「顔が濃いのでご縁がないのかなと思っていたけど……」といいつつ、「役者をやっている中で、大河ドラマや朝ドラは、いつか出たいなって憧れがありました。お話をいただいたときは率直にうれしかったです!」と喜んだ。

 於愛の方は、徳川家康(松本さん)の側室で後の二代将軍・秀忠の母。読書好きで極度の近眼。そのユーモラスな行動が、周囲に癒やしを与える。我慢が続いていた家康の心に明かりを灯(と)もす、愛深き姫。夫を戦乱で亡くし、幼子を連れて側室となった苦労人でもある。

 広瀬さんは於愛の方について、「資料に読書好きで近眼で、ユーモラスと書いてあって。時代劇はあんまやったことがなくて、顔が濃いのでご縁がないのかなと思っていたけど、(私に)すごく合った役なのかなって。演じることが今からとても楽しみです。まだ資料を読んだくらいなのですが、これからお勉強して、於愛の方をもっと知って、愛情をもって全身全霊で演じたいです」と意気込み、「松本さんとのシーンが多いのでに頼り切って演じたいです」と話していた。

 また、静岡県出身でもある広瀬さんは「東海地方が必ず盛り上がるこの作品に参加できてとても光栄に感じております。地元の人に取りあえず連絡します!」とも語っていた。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る