早見沙織:「SPY×FAMILY」 フォージャー家の「優しいやり取りを音に」 江口拓也との掛け合いは「新鮮」

「SPY×FAMILY」の一場面(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会
1 / 17
「SPY×FAMILY」の一場面(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「SPY×FAMILY」が4月からテレビ東京ほかで放送されている。スパイのロイド・フォージャーが任務のためにかりそめの家族を作るというストーリーで“父”ロイド役を江口拓也さん、“娘”アーニャ役を種崎敦美さん、“母”ヨル役を早見沙織さんが演じるなど豪華声優陣も話題になっている。早見さんは、フォージャー家には「無意識下のすごく優しいやり取り」があるといい、「それが音になって、相手のお芝居によって、自分の中に染み入ってくる」と感じているという。アフレコの様子を聞いた。

 ◇ロイドとヨルは真逆 新たな発見も

 「SPY×FAMILY」は、2019年3月に「少年ジャンプ+」で連載をスタート。すご腕スパイの<黄昏(たそがれ)>が、任務のためにロイド・フォージャーとしてかりそめの家族を作り、新生活を始める……というストーリー。スパイの父、超能力者の娘、殺し屋の母が互いに正体を隠して生活することになる。アニメは、「機動戦士ガンダムUC」などの古橋一浩さんが監督を務め、「進撃の巨人」シーズン1~3などのWIT STUDIO、「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」などのCloverWorksが制作。

 フォージャー家は、互いに秘密を抱えている家族ということもあり、それぞれのキャラクターにモノローグが多いのが特徴だ。早見さんは「心の中で思っていることとせりふで出ていることが違うというところで、面白く見せていく作品」と魅力を語る。「実は殺し屋」という秘密を抱えるヨルを演じる中で、発見もあったという。

 「ヨルさんは、実際口に出すせりふとモノローグが、そんなに違わないんですよね。殺し屋という稼業に対しての葛藤というか、普通とは違う道に来てしまったことに対するモヤモヤはずっと抱えてはいるんですけど、例えばロイドさんが任務のために、自分の境遇(うそ)を話している時も、モノローグで『なんていい人なんだろう』みたいに思ったりする。それがそのまま表情に出ているんです。すごいと思ったらすごい!という表情になるし、モヤモヤしたらその表情になるし、意外にその部分が連結してる人なんだなと感じました」

 そうしたヨルを「ロイドさんとは真逆」と説明する。

 「ロイドさんとヨルさんの出会いの場面では、お互いに探り探りで会話をしていて、ヨルさんはそのまま思ったことをいっているんですけど、ロイドさんは頭の中で考えていることと口に出す言葉が全然違う。それが成立させられるのが、ロイドさんのすごいところ。ロイドさんと真逆だからこそ、ヨルさんの素直さが際立つのだなと、実際に演じて感じました」

 ◇ロイドとヨルの緊張感ある会話に「楽しさ」

(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

 ロイドは自分の任務のため、ヨルは周囲にばれないように殺し屋の仕事を続けるため、互いの利害が一致して偽装結婚をすることになる。早見さんとロイド役の江口さんは「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」シリーズなど共演が多いが、「ロイドさんとして掛け合うと新鮮な感覚もありました」と話す。

 「初めてPVでロイドさんを演じる江口さんの声を聞いた時は『あ、ロイドさんだ』と思えるような、しっくりとはまる感覚がありました。アフレコで掛け合った時も、新鮮さがある中で、ロイドさんとしてずっとそこに存在していたかのような部分もあって、感動というか、『うわぁ』と心の中で感嘆の声を漏らすような感覚がありましたね。ロイドさんとヨルさんは、出会い自体もかなり特殊で、出会ってすぐに濃密に会話をしていく。お互いに探り合いながら関係を深めようとしていこうとする。その会話のちょっと緊張感のある感じは、とても印象的で、演じていても楽しいシーンでした」

 フォージャー家は、互いに秘密がありながらも“家族”として過ごす中で、絆のようなものが生まれていく。早見さんは、フォージャー家の会話には「無意識下のすごく優しいやり取り」があると感じているという。

 「ロイドさんには、ヨルさんの何気ない言葉が刺さったり、ヨルさんもロイドさんの言葉が心に響いたり。もちろん、ロイドさんはヨルさんの素性を知らないので、意識して話しているわけではないけれど、自然とヨルさんの心を救っていくというか。そういう無意識下のすごく優しいやり取りが音になって、相手のお芝居によって、より一層自分の中に染み入ってくる。原作を読んですてきだなと思っていたんですけど、お隣で掛け合いをして、実際に形になって聞こえてくると、また全然違う響きがあると感じましたね」

 ◇掛け合いでしか生まれない絶妙なテンポ感

 アーニャ役の種崎さんについては、「ずっと前から知っている方ですし、二人でご飯に行くこともあって、とてもすてきな表現をされる方だと前々から感じていました。個人的にも種崎さんのアーニャはとても楽しみだなと思っていました」と話す。

 「第2話のアフレコでアーニャの声を聞いたら、すごく可愛らしくて。種崎さん自身が持っている可愛らしい部分がアーニャにも乗っていて、より魅力的なキャラクターになっていっているんじゃないかなと思いますね」

 早見さんは、フォージャー家の「家族としての絆が紡がれていく様子を映像から感じていただけたら」と見どころを語る。

 「コロナ禍ではあるものの、しっかり掛け合いで収録できていることが、この作品においては大事な部分だと感じています。掛け合いでしか生まれない絶妙なテンポ感だったり、ほかの方の役がどんどん出来上がっていくのを肌で感じながら自分もお芝居できていることが、確実に映像にも乗ってくると思います。3人の息の合った感覚や、徐々にチームとしての絆が生まれていく様子を感じ取っていただけるとうれしいですね」

 江口さん、種崎さん、早見さんが作り出すフォージャー家。秘密だらけの特殊な家族だからこそ生まれる会話劇の妙を感じたい。

 ※種崎敦美さんの「崎」は「たつさき」

写真を見る全 17 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る