悪女(わる):ジェジュンのカメオ出演に喜びの声 「本当に一瞬」「ちゃんとセリフあった」「私も高額請求されてみたい」

連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」第3話の一場面=日本テレビ提供
1 / 11
連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」第3話の一場面=日本テレビ提供

 女優の今田美桜さん主演の連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第3話が4月27日、放送された。韓国出身の歌手ジェジュンさんが、スッポン料理店の店員役でカメオ出演し、ファンからは「ジェジュンきたー!」「一瞬やったけどジェジュンーー!!」などと喜びの声が上がった。

 ドラマの原作は、女性向けマンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で1988~97年に連載された深見じゅんさんの「悪女(わる)」で、30年ぶりの再ドラマ化だ。運良く大手IT企業に入社したものの窓際部署に配属された田中麻理鈴(今田さん)が、クセ者社員らの抱える問題にぶつかりながら、出世の階段を駆け上がる姿を描く。

 第3話では、麻理鈴が梨田友子(石橋静河さん)のいるマーケティング部で働くことになる。企画開発部の小野忠(鈴木伸之さん)の依頼で、スッポンスープを会社のECサイトのトップページに掲載することになるが、麻理鈴がスッポンスープを競合商品と並べて掲載し、チームは解散の危機に陥り……という展開だった。

 ジェジュンさんが登場することは事前に発表されていたが、放送中にSNSでは「#ジェジュンどこ」のハッシュタグと共に、「ジェジュンがいつ出てくるかドキドキ」「ジェジュンまだかな」「緊張してきた」といったコメントが並んだ。

 ジェジュンさんは、麻理鈴が梨田と共に食事をするスッポン料理店の店員役で登場。高い料金に驚き、確認をお願いする麻理鈴に「はい、合ってますよ」と答えていた。

 ジェジュンさんの登場に、SNSでは「こんなイケメンな店員さん見たことない」「ちゃんとセリフあった!」「一瞬の出演だったけどジェジュンに会えてうれしい」「わたしもジェジュンに高額請求されてみたい」とファンは盛り上がった。

 ジェジュンさんは、男性アイドルユニット「JYJ」で共に活動したジュンスさんとのユニット「J-JUN with XIA(JUNSU)」で、ドラマの主題歌「六等星」を担当している。日本のドラマに出演するのは、2010年放送の「素直になれなくて」(フジテレビ系)以来、12年ぶりだった。

写真を見る全 11 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る