SPY×FAMILY:アーニャが「可愛すぎる!」と話題 種崎敦美の演技に「感動!」 “家族”の会話劇の魅力も

「SPY×FAMILY」のコミックス第2巻のカバー
1 / 1
「SPY×FAMILY」のコミックス第2巻のカバー

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中の遠藤達哉さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「SPY×FAMILY」。4月にテレビ東京ほかで放送をスタートし、放送日になるとツイッターで「SPY×FAMILY」がトレンド入りし、大きな盛り上がりを見せている。アニメ化の前から絶大な人気を誇っていたのが、フォージャー家の娘で、超能力者のアーニャだ。「可愛すぎる!」と話題のアーニャの魅力に迫る。

 ◇神作画でアーニャがさらに可愛く

 「SPY×FAMILY」は、2019年3月から「少年ジャンプ+」で連載中。すご腕スパイが、任務のためにかりそめの家族を作り、新生活を始める……というストーリー。スパイの父、超能力者の娘、殺し屋の母が互いに正体を隠して生活することになる。連載開始当初から「少年ジャンプ+」の看板作品として人気を博し、2020年12月に発売されたコミックス第6巻の初版発行部数が同アプリでは初めて100万部を突破。2022年4月に最新9巻が発売され、累計発行部数は1500万部を突破している。

 アーニャは、外見の可愛さはもちろん、天真らんまんなキャラクターがファンの心をつかんでいる。アニメでは、アーニャの可愛らしい仕草、ころころと変わる表情がハイクオリティーな作画によって表現されている。

 アニメは「機動戦士ガンダムUC」などの古橋一浩さんが監督を務め、「進撃の巨人」などのWIT STUDIO、「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」などのCloverWorksが制作。豪華スタッフだから実現できる“神作画”によってアーニャをより魅力的に見せている。

 ◇掛け合いでしか生まれないもの

 アーニャが可愛いのは、声優の種崎敦美さんの演技によるところも大きい。種崎さんは、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の主人公・ダイ、「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」の女性AI・ヴィヴィ、「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」のメインキャラクター・宇髄天元(うずい・てんげん)の嫁・雛鶴(ひなつる)など少年から大人の女性までさまざまなキャラクターを演じてきた。

 元々、演技力に定評があったが、SNSでは「種崎さん演技の幅が広すぎる」「種崎さんのアーニャが最高に可愛い」「アーニャの声はマンガのイメージそのまま。感動した」と改めてその演技力に驚くファンも多いようだ。

 種崎さんはMANTANWEBのインタビューで、アーニャを演じることについて「いろいろな感情の中でも“わくわく”が一番大きい好奇心の塊。そうでないと、人の心が読めるのに、あんなに可愛らしく育たないですよね」と語っていた。
 
 「アーニャは全部心の中が分かっている上でどう動くか考える。プラスして子供なので、台本も全部平仮名で書かれているんです。MAXの感情を包み隠さず表現し続ける」ことを意識しているという。

 種崎さんだけではない。フォージャー家の父・ロイド役の江口拓也さん、母・ヨル役の早見沙織さんの演技を絶賛する声も多い。フォージャー家は、互いに秘密を抱えていることもあり、モノローグが多い。モノローグと会話のバランス、テンポ感が絶妙で、江口さん、種崎さん、早見さんは「掛け合いでしか生まれないものがある」とも話していた。今後、3人の掛け合いが増えていく中、どんな化学反応を見せてくるのか、期待が膨らむ。

 毎週のようにサプライズで発表される新キャラクターの声優陣にも注目したい。第1話では、ロイドが所属するWISE(西国情報局)の局長役に大塚明夫さん、第2話では、ヨルの弟のユーリ・ブライア役に小野賢章さん、ヨルの雇用主である<ガーデン>店長役に諏訪部順一さん、ヨルの市役所の同僚のカミラ役に庄司宇芽香さん、ミリー役に石見舞菜香さん、シャロン役に熊谷海麗さんと豪華な声優陣が出演している。

 「SPY×FAMILY」は、フォージャー家はもちろん、魅力的なキャラクターが次々と登場する。豪華声優陣によるキャラクターの“声”の魅力をアニメで堪能したい。

アニメ 最新記事