生田絵梨花:「金田一少年の事件簿」で“悪いくちゃん”に 「ゾクゾクする」と視聴者絶賛 声の美しさも話題に

連続ドラマ「金田一少年の事件簿」第2話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 2
連続ドラマ「金田一少年の事件簿」第2話のワンシーン=日本テレビ提供

 アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーで女優の生田絵梨花さんが、5月8日に放送された連続ドラマ「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第2話「聖恋島殺人事件 前編」にゲスト出演。怪しげな雑誌記者・右竜あかね役を演じ、視聴者から「いくちゃん演技うますぎる」「悪いくちゃん最高」「女優生田絵梨花恐るべし」と絶賛の声が上がった。

 同話では、一(はじめ、道枝駿佑さん)たちが剣持警部(沢村一樹さん)とフィッシングツアーに参加し、聖恋島を訪れた。島にはセイレーンのなき声だと言われる不気味な音が鳴り響き、セイレーンはその声に惑わされた人間を海に引きずり込んで食い殺すという言い伝えがあった。

 右竜はセイレーンの正体に迫ることを目的にツアーに参加。島の唯一の住人である霧声昼子(余貴美子さん)に対し、右竜は「何か隠してることあるでしょ?」と探りを入れ、挑発的な表情で「まあいいわ、今夜ゆっくりお話ししましょ」と口にするシーンが描かれた。

 SNSでは「生ちゃんの表情がいい」「生田絵梨花さんゾクゾクする」と演技力が話題に。また、「生田さんの声は本当にきれい」「声が透き通ってる」「声が透明でうっとり」と、声の美しさにも反響が集まった。

 第3話は「聖恋島殺人事件 後編」。5月15日午後10時半から放送。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る