ジャニーズWEST重岡大毅:テレ東ドラマ初主演 「雪女と蟹を食う」で人生に絶望した男に 相手役は入山法子 コメント全文

連続ドラマ「雪女と蟹を食う」メインビジュアル (C)「雪女と蟹を食う」製作委員会
1 / 6
連続ドラマ「雪女と蟹を食う」メインビジュアル (C)「雪女と蟹を食う」製作委員会

 人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが、テレビ東京の「ドラマ24」(金曜深夜0時12分)枠で7月8日にスタートする連続ドラマ「雪女と蟹(かに)を食う」に主演することが5月9日、明らかになった。人生に絶望した男と謎の多い金持ちの人妻の奇妙な2人旅を描くラブサスペンスで、重岡さんは同局ドラマ初主演。女優の入山法子さんが相手役を務める。

 原作は、マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)やウェブサイト「ヤンマガWeb」で連載されたGino0808さんの同名マンガ。痴漢の冤罪(えんざい)をかけられ失業し、家族や婚約者に見放された男・北と、雪女をほうふつとさせる浮世離れした態度と美しさを持つ人妻・雪枝彩女が出会い、北海道まで旅をするストーリー。重岡さんが北、入山さんが彩女を演じる。

 監督は、連続ドラマシリーズ「全裸監督」や映画「ミッドナイトスワン」などで知られる内田英治さん。原作を再現するため、東京、栃木・日光、福島・会津若松、青森、北海道・函館、札幌など各地で撮影を行った。

 勝村政信さん、久保田紗友さん、淵上泰史さんの出演も発表された。勝村さんは、彩女の夫で小説家の雪枝一騎、久保田さんは、北と彩女にとってキーパーソンとなる北海道のホステス・マリア、淵上さんは、一騎の担当編集の巡健人をそれぞれ演じる。

 ◇重岡さんのコメント全文

 --本作の出演オファーを受けた時の感想、原作・台本を読んでみた感想をお聞かせください。

 死にに行く話であるとか、彩女との深いシーンであるとか、今までやったことがないテーマなので、チャレンジしなさいってことだなと思いましたし、こうやって僕にオファーをしてくださったということだから、腹決めていかないといけないと思いました。

 --テレビ東京のドラマ初主演となりますが、お気持ちをお聞かせください。

 テレビ東京さんは、グループとしても以前から挑戦的な企画をやらせてくれていて、今回の「雪女と蟹を食う」もドラマとしては珍しい撮り方をしているし、チャレンジさせてくれています。僕は、そういうチャレンジって結構好きなので、本当にありがたいし、うれしいです。「一緒にやりましょうテレビ東京さん!」って感じです。

 --演じる役どころについての印象をお聞かせください。

 死のうと思うくらいなので、すごくつらくて、大変で、どん底なんだろうなと思います。自分はそこまでどん底になった経験がないので、どうアプローチしていこうかなというのはすごく考えました。撮影も始まりましたが、自分なりに手応えはあります。

 --撮影に向けての意気込みをお願いします。

 中途半端なことはしたくないので、自分がやれるだけやったなという状態でクランクアップできるように積み重ねていきたいと思います。そのためにまず、けがなく元気で。そして、この現場で吸い尽くせるところは全部吸い尽くしたろうかなと思っています!

 --視聴者の皆さんへ見どころなどメッセージをお願いいたします。

 エッジの効いたドラマになっていると思います。見慣れた感じのドラマではないと思う。特別なドラマって見たくないですか(笑い)? 皆さんも日々チャレンジしていると思いますけど、同じ時代に生きている人間がチャレンジしている姿、見てみてください。よろしくお願いします。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事