ちむどんどん:“大叔父”賢吉さんが比嘉家に大激怒! “一部発言”以外、視聴者「ほぼ正論」 「私たちは味方」の声も

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で石丸謙二郎さん演じる比嘉賢吉(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で石丸謙二郎さん演じる比嘉賢吉(C)NHK

 黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第22回が5月10日に放送され、第10回(4月22日放送)以来、久々に登場した、ヒロイン一家の大叔父・賢吉(石丸謙二郎さん)が視聴者の注目を集めた。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作品。2022年に本土復帰50年を迎える沖縄が舞台で、沖縄料理に夢をかけるヒロイン・比嘉暢子(黒島さん)たち4兄妹の笑いと涙の物語。

 父・賢三(大森南朋さん)が存命の頃から暢子ら一家を経済的に支えてきた賢吉。借金の保証人にもなったりと世話してきたが、今回、長男・賢秀(竜星涼さん)に巻き込まれる形で詐欺に引っかかり……というのがこれまでの展開。

 第22回は、賢秀の持ってきた儲(もう)け話に乗った賢吉が、金が戻ってこないと知って激怒。その怒りの矛先は暢子にも向いて、「春には暢子も就職だろう。暢子の給料も月々の返済に回せ」と指図する。

 高校卒業後、上京して料理人になる決意をした暢子は「うちは東京に行って西洋料理の仕事を。東京で働いてお金をこっちに送ります」と考えを伝えると、賢吉は「渡航費用はどうする。船に乗る金、汽車賃! 下宿借りるには保証金もいる! そんな金、どこにある!?」と声をさらに荒らげる。

 隣で聞いていた母・優子(仲間由紀恵さん)が「だけど、叔父さん。暢子はどうしても東京に行きたいと……」と食い下がろうとするも、「女のくせにバカなことを言うな! 東京とか絶対許さん!」とピシャリ。そして、賢秀に向かって「お前が行け! 那覇でも大阪でも稼げる仕事見つけてこっちに金を送れ。頭のないやつは体を使うしかない。お前のせいで、この家がどんなことになってるか!?」とぶちまけた。

 SNSには視聴者の「賢吉おじさんの怒りはごもっとも」「叔父さんの言葉、暢子への『女のくせに』以外は債権者としてほぼ正論だった」「もう本当に叔父さんにお金返してあげて……気の毒すぎる」「なんかすごい悪者にされてるけど、私たちは賢吉叔父さんの味方よ!」といったコメントが相次いだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る