鎌倉殿の13人:“禁じ手”使うも、むなしい勝利 感傷を誘った義経 「この先、私は誰と戦えばよいのか」ににじむ切なさ

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第18回の場面カット (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第18回の場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第18回「壇ノ浦で舞った男」が5月8日に放送された。同回では「壇ノ浦の戦い」が描かれ、海戦で源義経(菅田将暉さん)は、敵の漕(こ)ぎ手を射るという“禁じ手”を使ってまで、平家を滅亡へと追い込むが、目の前で、三種の神器と安徳天皇(相澤智咲ちゃん)は海へと沈み、むなしい勝利となった。

 義経は「義仲も死に、平家も滅んだ。この先、私は誰と戦えばよいのか。私は戦場でしか役に立たぬ」と心情を吐露。やがて、その存在を危険視され、兄・頼朝(大泉洋さん)のいる鎌倉への凱旋はかなうことなく、再び京へと戻る姿が視聴者の感傷を誘った。

 SNS上では「『この先、私は誰と戦えばよいのだ』まさに戦しか生き方を知らない義経のせりふよ」「『戦場でしか私は役に立たぬ』って悲しいな義経…」「『この先一体誰と戦えばよいのだ。私は戦場でしか役に立たぬ』←余りにもつらく悲しい」「こんなにも切ないせりふだとは予想してなかった」「悲哀を感じますねェ…」「この先私は誰と戦えば…ってフラグよね」「まさか兄貴と戦うことなど考えもしなかったろうな…」といった感想が次々と書き込まれた。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

 第18回では、苛烈さを増す源平合戦。必死の抵抗をみせる平宗盛(小泉孝太郎さん)率いる平家軍に対し、源頼朝は義経に四国、範頼(迫田孝也さん)に九州を攻めさせ、逃げ道をふさぎにかかる。しかし、範頼軍は周防で足止めをくらい、義時、三浦義村(山本耕史さん)らが状況の打開に奔走する。

 一方の義経軍も、後白河法皇(西田敏行さん)の命により摂津から動けずにいた。そんな中、梶原景時(中村獅童さん)の献策を一蹴した義経が……というストーリーが展開した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画