サクラ、サク。:咲坂伊緒の最新作とmiwaがコラボ オリジナルソング「Bloom」書き下ろし PVも

咲坂伊緒さんのマンガ「サクラ、サク。」のコミックス第4巻のカバー(C)咲坂伊緒/集英社
1 / 2
咲坂伊緒さんのマンガ「サクラ、サク。」のコミックス第4巻のカバー(C)咲坂伊緒/集英社

 人気マンガ「ストロボ・エッジ」「アオハライド」「思い、思われ、ふり、ふられ」などで知られる咲坂伊緒さんの最新作「サクラ、サク。」とシンガー・ソングライターのmiwaさんがコラボすることが分かった。咲坂さんの作品の大ファンというmiwaさんが「サクラ、サク。」をイメージしたオリジナルソング「Bloom」を書き下ろした。同楽曲を使用したスペシャルPVが連載誌「別冊マーガレット」(集英社)の公式YouTubeチャンネルで5月25日午前9時に公開される。

 コラボを記念し、5月13日発売の同誌6月号に咲坂さんとmiwaさんの対談が掲載された。miwaさんと咲坂さんの作品との出会いや、オリジナルソングの制作過程などについて語られている。

 「サクラ、サク。」は、2021年2月に同誌で連載をスタートした青春ラブストーリーマンガ。自分を変えるきっかけを与えてくれた「桜」という男の子を探していた藤ヶ谷咲が、高校入学後に「さくら」と呼ばれる男子に会い、運命を感じる……というストーリー。コミックス最新4巻が5月25日に発売される。累計発行部数は60万部以上。

 ◇miwaさんのコメント

 咲坂伊緒先生の作品が大好きなので、コラボできるかもしれないというお話を聞いた時から、とても前のめりに曲を書かせていただきたい!と懇願していました。今回実現できて夢のように光栄です。「サクラ、サク。」の登場人物がみんな魅力的で、特に桜(陽希)と咲ちゃんのいい人すぎて素直すぎるところが、好きです。「俺のこと好きになっちゃうかもね」なんて狙わずに言えちゃう陽希、天然が一番強いですね(笑い)。咲坂伊緒先生らしい、恋の目線以外にも大事なメッセージが込められているところもグッときます。

 誰かに恋した時の、自分の変化に気づいた瞬間や、相手との距離が縮まる瞬間のドキドキは、まるで花が咲くように胸がときめいて止められない、そんな気持ちを曲に込めました。「Bloom」というタイトルや「Bloom like a flower」という歌詞は、「サクラ、サク。」のタイトルとエピソード“bloom1,bloom2…”から連想しました。コラボムービーを見た皆さんの心に、恋する気持ちが咲きますように。

写真を見る全 2 枚

芸能 最新記事