広瀬すず:「お母さんの気持ちは離れず…」 「なつぞら」“娘”増田光桜と再会に歓喜

増田光桜ちゃんの登場に驚く広瀬すずさん
1 / 15
増田光桜ちゃんの登場に驚く広瀬すずさん

 女優の広瀬すずさん、俳優の松坂桃李さんが5月13日、東京都内で行われたダブル主演映画「流浪(るろう)の月」の初日舞台あいさつに出席。終盤、子役の増田光桜(みお)ちゃんがサプライズで登場し、広瀬さんと松坂さんに花束を手渡して公開を祝福した。

 光桜ちゃんは、広瀬さんが主演したNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」にもヒロイン・なつの娘役として出演。今回の「流浪の月」で“母娘再会”を果たし、広瀬さんは「すぐに共演できて、ものすごくうれしい。勝手にお母さんの気持ちは離れず、監督の隣にいる姿を見て、感動して泣きそうだった。今回もご一緒できて幸せ」と喜んだ。

 朝ドラ撮影中は「お母さん役が初めてだったので、光桜ちゃんとのコミュニケーションを大事にして、休憩中ずっと遊んでいたよね」と回想。光桜ちゃんも「久しぶりに広瀬さんと会えてすっごくうれしかったです!」と声を弾ませた。

 光桜ちゃんは松坂さんとも共演。「演技中に松坂さんの声が心の中でじわ〜って響いて、松坂さんはすごいな、すてきだなって思ったのを覚えています」と共演の感想を語ると、松坂さんは「いまの感想がじわ〜って響いています」とにっこり。「演技はすばらしかった。3人でいる時間は役を通して幸せが流れてきた。幸せをありがとう」と感謝した。

 「流浪の月」は、2020年の本屋大賞を受賞した凪良ゆうさんの同名小説(東京創元社)が原作。10歳のときに誘拐事件の被害女児とされた女性・家内更紗(広瀬さん)と、加害者とされた青年・佐伯文(松坂さん)が秘密を抱えたまま、15年後に再会するというストーリー。

 初日舞台あいさつにはそのほか、更紗の恋人・亮役の横浜流星さん、文に寄り添う看護師・あゆみ役の多部未華子さん、文の母親役の内田也哉子さん、メガホンをとった李相日監督も参加した。

写真を見る全 15 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る