ラブオールプレー:第8話「夏風」 海老原監督が亮を説教 インターハイ前に猛勉強!

「ラブオールプレー」の第8話「夏風」の一場面(C)小瀬木麻美・ポプラ社/横浜湊高校バドミントン部
1 / 9
「ラブオールプレー」の第8話「夏風」の一場面(C)小瀬木麻美・ポプラ社/横浜湊高校バドミントン部

 小瀬木麻美さんのバドミントンを題材にした小説が原作のテレビアニメ「ラブオールプレー」の第8話「夏風」が、読売テレビ・日本テレビ系で5月21日午後5時半に放送される。

 夏休みが始まる前日、芳しくない成績を取ってしまった水嶋亮は、バドミントン部の海老原仁監督、両親から説教を受ける。インターハイが控える中、バドを辞めたくない亮は必死に勉強に励む。

 「ラブオールプレー」は、高校のバドミントン部を舞台に、中学時代は無名だった主人公・水嶋亮がインターハイ優勝を目指し、トップアスリートへと成長していく姿が描かれる。アニメは劇場版アニメ「PEACE MAKER 鐵(くろがね)」などの竹内浩志さんが監督を務め、「世界名作劇場シリーズ」などの日本アニメーションと「妖怪ウォッチ」シリーズなどのOLMが制作する。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事