ナンバMG5:“シャバい”難破家に「つぼった」「珍しすぎる」「家族愛にほっこり」

連続ドラマ「ナンバMG5」第5話の場面写真(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ナンバMG5」第5話の場面写真(C)フジテレビ

 俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「ナンバMG5(エムジーファイブ)」(フジテレビ系、水曜午後10時)第5話が5月18日に放送された。難破剛(間宮さん)の妹・吟子(原菜乃華さん)のため、ヤンキー一家の難破家が「シャバい」(普通の)格好をする場面があり、視聴者の笑いを誘った。

 同話では、佐藤淳一(小田将聖さん)と親しくなった吟子は、ひょんなことから勉強を教えてもらうことなる。父の勝(宇梶剛士さん)や兄の猛(満島真之介さん)に紹介するよういわれるが、佐藤はヤンキー嫌いだった。そこで勝は、東京・丸の内に勤務するサラリーマン、猛は大学生に変装し、普通の家族を装うことにする。

 しかし、金髪ツインテール姿で登場した母親のナオミ(鈴木紗理奈さん)のことを、佐藤が怪しむと、吟子は「お母さん……アメリカ人だから」とごまかす。ナオミが「ママの思い切りおいしい、スペシャルディナーを召し上がれ」とわざとらしい日本語を使うと、勝と猛は思わず噴き出してしまう。

 吟子は観念して、難破家がヤンキー一家であることを白状しようとするが、佐藤はすべてお見通しだった。ヤンキーに怖いイメージを持っていた佐藤だが、「僕、うらやましいなって思ったんです。吟子さんのために必死に変装までして、僕が思っていた不良と違って、何が不良で何が普通か、分からなくなってしまいました」と告白。吟子と佐藤は、家族公認の仲になった。

 難破家の変身姿に、SNSでは「シャバいファミリー演じてた難破家がまじでつぼった」「シャバいwwwwww難破家のこんな姿珍しすぎるwww」「難破一家のお芝居面白すぎたwww」といった反響や「難破家が家族愛あふれてて幸せな気持ちになりました」「家族愛を感じた回だった」「難破家の家族愛にほっこりした」というコメントも寄せられた。

テレビ 最新記事