インビジブル:“キリコ”柴咲コウ、“志村”高橋一生を“救出” 「めっちゃかっこいい!」と話題に

連続ドラマ「インビジブル」第6話の一場面(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「インビジブル」第6話の一場面(C)TBS

 俳優の高橋一生さん主演の連続ドラマ「インビジブル」(TBS系、金曜午後10時)の第6話が5月20日、放送された。キリコ(柴咲コウさん)が、捕らえられた志村(高橋さん)を“救出”する展開で、SNSでは「インビジブルの柴咲コウ、めっちゃかっこいい!」などの声が上がった。

 第6話では、姉・キリコを取り戻すため、突然姿を現したキリヒト(永山絢斗さん)が、現在進行中の事件をほのめかす。今回依頼されたターゲットのうちの一人でも救うことができたらキリコを諦めると言い残して去る。

 そんな中、新たな犠牲者1人が発見される。残忍な手口を聞いたキリコは、医師免許を持つ「ドクター」の仕業だと志村に告げる。被害者の身辺を磯ヶ谷(有岡大貴さん)と夏樹(堀田茜さん)が調べると、同様に命を狙われそうな2人が浮上して……。

 終盤では、「ドクター」こと、樫谷加代子とその息子・健治に捕らえられてしまった志村の元に、キリコが現れて助け出す展開で、SNSでは「キリコかっこいい!」「キリコが助けに来るシーンかっこよ」「神回と呼ばすにはいられない」「さらに面白くなってきたぞ、インビジブル!」などのコメントが並び、注目を集めていた。

テレビ 最新記事