やんごとなき一族:第6話 庶民の逆襲始まる! “佐都”土屋太鳳、次期女主人をかけた最後のバトルへ

連続ドラマ「やんごとなき一族」第6話の一場面(C)フジテレビ
1 / 8
連続ドラマ「やんごとなき一族」第6話の一場面(C)フジテレビ

 女優の土屋太鳳さん主演の連続ドラマ「やんごとなき一族」(フジテレビ系、木曜午後10時)第6話が5月26日に放送される。予告映像には「次期女主人をかけた最後のバトル」「ここから庶民の逆襲が始まる!!」の文字がある。

 深山家の末っ子・有沙(馬場ふみかさん)と香川友貴(森田甘路さん)の縁談が成立。圭一(石橋凌さん)に2人の結婚準備を託された明人(尾上松也さん)と美保子(松本若菜さん)は、婚約祝いの席を設けることに。

 美保子は佐都(土屋さん)と久美(木村多江さん)に、祝いの席を茶会にすることを提案。話を聞いた八寿子(倍賞美津子さん)は、佐都にお手前で客をもてなすよう命じる。佐都は茶道の稽古(けいこ)と、美保子に押し付けられた雑用に追われる。

 佐都と健太(松下洸平さん)は、佐都の母・良恵(石野真子さん)に呼び出される。営む「まんぷく屋」近くの深山グループの土地に、ショッピングセンター誘致の話が持ち上がったという。

 健太は自分たちへの嫌がらせだと圭一に詰め寄り、ショッピングセンターより利益が上がる企画を考えると反論。圭一の告げた企画提出の期限は有沙の祝いの日で……。

 原作はマンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中のこやまゆかりさんの同名マンガ。庶民の家庭から上流社会の一族に嫁いだ主人公・篠原佐都の姿を描く“アフター・シンデレラ・ストーリー”。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事