秘密のケンミンSHOW極:ギョーザだけじゃない! 栃木県民の“熱愛グルメ”「かぶと揚げ」とは?

5月26日放送の「秘密のケンミンSHOW極」に登場する「かぶと揚げ」=読売テレビ提供
1 / 7
5月26日放送の「秘密のケンミンSHOW極」に登場する「かぶと揚げ」=読売テレビ提供

 タレントの久本雅美さんとお笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二さんがMCを務めるバラエティー番組「秘密のケンミンSHOW極(きわみ)」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後9時)。5月26日の放送は、宇都宮ギョーザに匹敵するほどの栃木県民の“熱愛グルメ”として、「かぶと揚げ」を紹介する。

 かぶと揚げは、もも肉以外の鶏の上半身を、手羽が付いたまま揚げたもの。手を握った「げんこつサイズ」で、むね、ささみ、手羽先といったさまざまな部位が味わえるのが魅力だ。宇都宮市内では約20店舗で提供され、1日200個を売り上げる店もあるという。

 アイドルグループ「AKB48」の本田仁美さん、お笑いコンビ「U字工事」の福田薫さん、益子卓郎さんが、栃木出身のゲストで登場。かぶと揚げについて、本田さんは「テークアウトして家族で食べていた」といい、U字工事の2人は「部位によって食感が違っていて、どこを食べてもおいしい」と語る。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事