鎌倉殿の13人:次週、堀田真由が登場 北条と比企の間を懸命につなぐ? 予告にはアサシン善児の姿も!

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で比奈を演じる堀田真由さん (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で比奈を演じる堀田真由さん (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第22回「義時の生きる道」(6月5日放送)の予告が公開され、比奈役で女優の堀田真由さんが登場することが明らかにされた。

 ◇以下、ネタバレがあります

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 第22回では、源頼朝(大泉洋さん)の上洛(じょうらく)が決まり、命に従い随行する義時。大軍を率いて念願であった京へと上った頼朝は、後白河法皇(西田敏行さん)、九条兼実(田中直樹さん)と会談。今後の世のあり方を思い描く。そんな中、自分たちには利益のない上洛に、三浦義澄(佐藤B作さん)、岡崎義実(たかお鷹さん)、千葉常胤(岡本信人さん)らが不満を募らせていた。

 一方、比企能員(佐藤二朗さん)は比企家の地位を盤石にするため、一族の比奈(堀田さん)を……というストーリー。

 比奈は、義時の正室となる女性で、権力闘争を繰り広げる北条と比企の間を懸命につなぐ存在だという。また予告には、梶原善さん演じる善児の姿も映し出され、SNSでは「来週いるぅぅぅぅ」「え、ぜの字」「わー予告にやべぇのが!!」「予告に善児おったァァ」と視聴者が反応していた。

テレビ 最新記事