ナンバMG5:第8話 “剛”間宮祥太朗たちは修学旅行で広島へ 森迫永依がキャバ嬢役で出演

連続ドラマ「ナンバMG5」第8話の一場面(C)フジテレビ
1 / 7
連続ドラマ「ナンバMG5」第8話の一場面(C)フジテレビ

 俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「ナンバMG5(エムジーファイブ)」(フジテレビ系、水曜午後10時)第8話が6月8日に放送される。女優の森迫永依さんが、キャバクラで働く水野友美役で出演する。

 難破剛(間宮さん)や藤田深雪(森川葵さん)ら白百合高校の3年生は、修学旅行で広島へ行くことになっていた。出発前夜、剛は伍代直樹(神尾楓珠さん)、大丸大助(森本慎太郎さん)と遊びにいく。大丸は、中学時代の同級生で、片思いしていた友美と偶然再会。大丸は再会を喜び近況を聞くが、友美はそっけなく、キャバクラ店の入る雑居ビルに消えてしまう。

 友美を心配する大丸は、伍代と雑居ビルの前で待つことに。店を出てきた友美は、母親が再婚相手から逃げるため福岡の親戚を頼り、自分は兄の幸男(田本清嵐さん)と暮らすため引っ越したと打ち明ける。ところが、幸男が悪友から700万円を借りてしまい、友美は借金返済のため働いているという。悪友とは、ヤクザの息子で、西日本最強と恐れられる高校生・安藤綱平(葵揚さん)だった。

 あくる日、大丸は安藤と話をつけるため、伍代、友美と新幹線に乗る。3人が向かった先は、広島だった……。

 原作は小沢としおさんのマンガ「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(共に秋田書店)で、ヤンキー一家に生まれた主人公・剛が内緒で健全な高校に入学。「二重生活」のドタバタを描く。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事