マイファミリー:「葛城のことは信じたい」の声続々 東堂亜希と元夫婦&不倫説も 最終回前に、“葛城”玉木宏の行動を振り返る

連続ドラマ「マイファミリー」で葛城圭史を演じる玉木宏さん(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「マイファミリー」で葛城圭史を演じる玉木宏さん(C)TBS

 二宮和也さんが主演するTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「マイファミリー」。きょう6月12日の放送で最終回を迎え、ついに連続誘拐事件の全真相が明かされる。真犯人が誰なのか、考察がヒートアップする中、玉木宏さん演じる刑事・葛城圭史について、SNSでは「まじで葛城のことは信じたい」といった意見の一方で、「逆にまた葛城も怪しく見えてきた……」という声も。葛城のシーンについて、振り返ってみたい。

 ◇「ホシを野放しにしたこと、あなたは必ず後悔する」

 葛城は、神奈川県警捜査1課・特殊犯対策係補佐・警部。強い信念を持ち、どんな状況になっても捜査を推し進め、数々の現場で実績を挙げてきた。鳴沢温人(二宮さん)の娘・友果(大島美優さん)の誘拐事件を担当するが、鳴沢夫婦が警察を排除したことによって、犯人を逮捕できなかったことを悔やんでいる。温人に対し、「ホシ(犯人)を野放しにしたこと、あなたは必ず後悔する」と伝えていた。

 第4話(5月1日放送)では、誘拐から無事救出され、入院中の友果のもとを訪れた葛城。事件を思い出してしまい、涙を流してしまう友果に対し「何か覚えていることはないかな?」と質問を続け、「怖い」と感じる視聴者も。

 第6話(5月15日放送)では、誘拐事件の捜査から外されて焦る葛城が、ファミリーレストランで、新米刑事・梅木司(那須雄登さん)から捜査情報を聞き出そうとする。そこへ姿を見せた日下部七彦(迫田孝也さん)に、葛城は「俺を使いませんか? 手柄はすべて渡します」と取引を持ちかけ、手を組むことに。

 一方で、第9話(6月5日放送)では、日下部と葛城の“対立”が描かれた。誘拐事件を起こした東堂樹生(濱田岳さん)をかばうような発言をした葛城について、捜査から外すよう吉乃栄太郎(富澤たけしさん)に申し出た日下部。吉乃は「葛城。ずっと寝てないだろ。少し休め」と、捜査から外れるよう指示するのだった。

 また、同話では、葛城が、温人に「5年前、東堂心春さん(野澤しおりさん)を救えなかったのは私の責任です。東堂は最も卑劣な罪を犯しましたが、その責任の一端も私にあると考えています。だからこそ、取り逃がしたホシを挙げなければいけないんですよ。この手で」と思いを明かす場面もあった。

 ◇「葛城の正義感を信じたい」の声続々…

 これまでの放送では、東堂が、温人の娘・友果と、三輪碧(賀来賢人さん)の娘・優月(山崎莉里那さん)の誘拐を自白。一方で、阿久津晃(松本幸四郎さん)の娘・実咲(凛美さん)や、東堂の娘の心春を誘拐した真犯人は明らかになっていない。

 犯人逮捕に執念を燃やす葛城について、SNSでは「葛城の正義感を信じたい」「葛城さんはなんだかんだいい人かな?って思うけど(いい人であって欲しい笑)」「温人と葛城さんで真犯人を捕まえてくれると思う」「葛城と日下部組んでたら最高だな。警察内部の真犯人をあぶり出すために一芝居打っててほしい」といった声が上がる一方で、“真犯人”と予想する人も。

 東堂の妻・亜希との関係について、「葛城さんと東堂妻と不倫関係とか?」「東堂の妻と不倫をしていた葛城は、心春を誘拐することで東堂夫婦の関係を壊そうとした。そして、心春が実咲に自分たちの不倫のことを相談していたことを知り、犯行がバレるのを恐れて誘拐したんじゃないかな」と考える人も。

 また、「実は葛城と亜希さんは元夫婦。再婚したのが東堂で、自分の子じゃないから、(東堂は心春を)ちゃん付けで名前を呼んでる」「ほんとに東堂の子供なのかな? もしかして葛城の娘ってこともあり得るかもしれない」といった意見も上がっていた。果たして真相はいかに? 今夜の放送が楽しみでならない。

テレビ 最新記事