山田涼介:半年間の筋トレで若き頃の“お父様”を再現 「鋼の錬金術師」場面写真公開

映画「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」で若き頃のお父様を演じた山田涼介さん(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会
1 / 3
映画「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」で若き頃のお父様を演じた山田涼介さん(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会

 荒川弘さんの人気マンガを実写化した映画2部作「鋼の錬金術師 完結編 復讐(ふくしゅう)者スカー(公開中)/最後の錬成(6月24日公開)」(曽利文彦監督)の場面写真が6月15日、公開された。人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さんが、本作のラスボス“お父様”の若き頃を演じた姿が、写し出されている。

 主人公のエドワード・エルリックを演じている山田さんは、本作最後の敵でホムンクルスの生みの親の“お父様”の若き姿、ヴァン・ホーエンハイムの若き頃の奴隷23号と、一人で三役を演じた。

 半年間の筋トレで原作のイメージに近づけたという山田さん。「苦痛や怒りの表情を完全に一人で演じていたので、想像力を働かせる上で普段使わない部分の頭を使っていました。どれだけ“お父様”を再現できるかというところを意識して演じていました」と語る。

 撮影については「正直つらくてきつい部分もありましたが、この現場に来ると楽しいって思いますし、スタッフ皆で一つの方向に向いているのがすごく伝わってきて、その真ん中に立たせてもらえて、こんなにありがたいことはないなと思っています」と振り返った。

 東の大国シンよりやってきた皇子リン・ヤオとグリードを演じた渡邊圭祐さん、セリム・ブラッドレイとプライドを演じた寺田心さんの場面写真も公開された。

 「鋼の錬金術師」は、「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で2001~10年に連載された。錬金術が科学のように発達した世界を舞台に、エドとアルの兄弟が、失った体を取り戻すため「賢者の石」を探す旅に出る。アニメ化で人気を博し、2017年には1作目の実写映画が公開された。

 新作は、マンガ「鋼の錬金術師」の連載20周年を記念して公開。2部作の前編となる「復讐者スカー」は、“傷の男(スカー)”(新田真剣佑さん)を中心とした物語。すべての国家錬金術師の抹殺を誓うスカーが、エド(山田さん)と相対する。後編「最後の錬成」は、ホムンクルスたちの生みの親“お父様”との戦い、その後のエドとアル(水石亜飛夢さん)、仲間たちの物語が展開し、原作の最終話までを描く。

写真を見る全 3 枚

映画 最新記事