ナンバMG5:難破家の愛犬・松が撮了 コメント求められ「ワン! ワン! ワン!」

連続ドラマ「ナンバMG5」で剛の愛犬の松を演じた豆三郎(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ナンバMG5」で剛の愛犬の松を演じた豆三郎(C)フジテレビ

 放送中の連続ドラマ「ナンバMG5(エムジーファイブ)」(フジテレビ系、水曜午後10時)で、間宮祥太朗さん演じる主人公・剛の愛犬、松(豆三郎)がこのほど、クランクアップを迎えた。

 声優の津田健次郎さんが声を担当したことで話題を集めた松。難破家の柴犬で、子犬のころ剛に助けてもらい、恩義を忘れず“アニキ”と慕っている……という役どころだ。

 松は、剛の友人・伍代直樹(神尾楓珠さん)の自宅でのシーンでクランクアップした。最後のカットを撮り終えると、スタッフから「豆三郎さん、オールアップです!」と声がかかった。キャスト、スタッフから大きな拍手が送られ、間宮さんが大きな骨形のガムをプレゼント。「一言どうぞ!」とリクエストを受けると「ワン! ワン! ワン!」とコメントし、賢い一面を見せた。

 ペットモデルトレーナーの細波麻裕美さんは「実は、普段は人に対して自分から行くことがない豆三郎なのですが、共演の皆さんには自ら進んでごあいさつをしていました。現場でたくさん可愛いがっていただいたからこそ、豆三郎も毎回現場に行くのが楽しみだったみたいです」と話す。

 クランクアップ後の様子については「いつも通り元気で食いしん坊です。いただいた(骨形ガムの)おやつも喜んで食べているそうです!」と語る。

 原作は小沢としおさんのマンガ「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(共に秋田書店)。ヤンキー一家に生まれた剛が内緒で健全な高校に入学し、家族の前ではヤンキー、学校では真面目な高校生という「二重生活」のドタバタを描く。

テレビ 最新記事