バンダイスピリッツ×タカラトミー:ライバル2社がまさかのコラボ ゾイド×超合金 ガンダム×トミカ

バンダイスピリッツとタカラトミーのコラボプロジェクトの「超合金×ZOIDS」「トミカ×機動戦士ガンダム」
1 / 12
バンダイスピリッツとタカラトミーのコラボプロジェクトの「超合金×ZOIDS」「トミカ×機動戦士ガンダム」

 バンダイナムコグループのBANDAI SPIRITS(バンダイスピリッツ)とタカラトミーの初のコラボプロジェクトが始動することが6月15日、分かった。玩具業界の2大メーカーでライバルでもある2社が手を組み、タカラトミーの玩具「ゾイド」のライガーゼロが、バンダイスピリッツの玩具「超合金」シリーズから「超合金×ZOIDS」、人気アニメ「機動戦士ガンダム」のホワイトベースがタカラトミーの玩具「トミカ」シリーズから「トミカ×機動戦士ガンダム」として2023年に発売される。6月16日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の日本最大の玩具見本市「東京おもちゃショー2022」で発表会が開催された。

 キャッチコピーは「Dream Together-つながる想(おも)い、ともに創る夢-」。「超合金×ZOIDS」は、ダイキャストならではの重量感があり、広い可動域を誇る。「トミカ×機動戦士ガンダム」は、ホワイトベースの設定画を基に立体化した。

 タカラトミーの富山彰夫常務取締役は「実は、タカラトミーに入る前にバンダイに入りたかった。『ガンダム』が大好きで、一緒にできないか?と思っていた。うれしくてたまらない」と喜び、バンダイスピリッツの宇田川南欧代表取締役社長は「2社が協力して、新しいものを届けたい。これからもいろいろやっていきたい」と語った。

 「東京おもちゃショー2022」は、バンダイ、タカラトミーなど96社が出展し、約2万点の玩具を展示。約3年ぶりの開催となった今年は、6月16、17日に関係者向けの商談見本市として実施され、一般公開されない。

写真を見る全 12 枚

アニメ 最新記事