僕の大好きな妻!:第3話 “知花”百田夏菜子、マンガ工房でアルバイト

アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さん主演の連続ドラマ「僕の大好きな妻!」第3話の一場面=東海テレビ提供
1 / 6
アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さん主演の連続ドラマ「僕の大好きな妻!」第3話の一場面=東海テレビ提供

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さん主演の連続ドラマ「僕の大好きな妻!」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)第3話が6月18日に放送される。

 師匠のマンガ家・野村萬坊(小倉久寛さん)の一言「マンガ賞、目指しなさい」で、急きょ2週間の休みを言い渡された北山悟(落合モトキさん)。代役として知花(百田さん)がマンガ工房でアルバイトする。

 萬坊やチーフアシスタントの佐竹(徳重聡さん)に作業を褒められた知花は「自分にもできることはある!」と勇気をもらう。

 悟が家でマンガ制作に入ろうとしていた時、知花の両親が北海道から突然上京してくる。
母夕子(中島ひろ子さん)、父一雄(春田純一さん)は、まだ知花の障害を知らない様子だが、ひょんなことで知ることに。

 飲み込めないままの両親は、翌日も北山家に顔を出す。知花の先回りをする夕子に、マンガ工房の同僚のゆみ(結城モエさん)、河口(古川毅さん)も苦笑気味。悟はマンガ賞の準備をよそに一雄にお付き合いする中で、知花がどんな子供時代だったかを知り……。

 原作は「月刊コミックバンチ」(新潮社)で連載中の、妻・ナナトエリさん、夫・亀山聡さんのマンガ家夫婦の「僕の妻は発達障害」。ナナトエリさん自身も発達障害で、実体験を交えた作品だ。発達障害を抱える主人公・北山知花が、自分ではどうすることもできない困難に直面しながらも、夫・悟と共に前を向いて歩く姿を描く。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画