ナンバMG5:「本当に最高でした」“剛”間宮祥太朗の二重生活の結末に感動の声 “深雪”森川葵の正統派ヒロインぶりも話題に(ネタバレあり)

連続ドラマ「ナンバMG5」最終回の一場面(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ナンバMG5」最終回の一場面(C)フジテレビ

 俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「ナンバMG5(エムジーファイブ)」(フジテレビ系、水曜午後10時)最終第10話が6月22日、放送された。警察に連行された難破剛(間宮さん)の行く末や、藤田深雪(森川葵さん)との関係にさまざまな声が上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 原作は小沢としおさんのマンガ「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(共に秋田書店)。ヤンキー一家に生まれた主人公・難破剛が家族に秘密で健全な高校へ入学して巻き起こる「二重生活」のドタバタを描く。

 最終回では、剛が、白百合高校に乗り込んできた不良たちと戦い、警察に連行される。知らせを受けた父・勝(宇梶剛士さん)と母・ナオミ(鈴木紗理奈さん)は、剛を家に連れ帰った。勝から「これからは遠慮しないで好きなことをやれ」と言われた剛だが、兄・猛(満島真之介さん)は二重生活を送っていた剛を許せなかった。

 剛は正式処分まで無期停学に。伍代直樹(神尾楓珠さん)や大丸大助(森本慎太郎さん)も剛のことを心配していたが、連絡できないまま。校長の岩城隆一郎(松角洋平さん)は、剛の退学処分を決定。深雪ら級友は猛反発し、体育館に立てこもる。

 深雪たちの抗議活動により剛の退学処分が取り消されることに。深雪は剛に直接報告すると、剛は入学式の時に借りてそのままだった消しゴムを深雪に返して「もう白百合には戻れねえよ。俺のせいでみんながあんな目に遭って」とぽつり。深雪は「何でそんなこと言うの? 私たちはみんな、難破くんが好きで白百合にいてほしいって思ったから、頑張ったんだよ」「一緒に卒業しよう、ねっ?」と、退学をとどまるように説得する。

 深雪はさらに「あと一つ約束して。もうけんかはやめて。私、難破くんが傷つくとこ、もう見たくない」といって、剛の手を掴む。「約束」といって指切りすると、剛も「うん」と笑顔でうなずいていた。

 SNSではハッピーエンドに「本当に最高でした」「ナンバMG5好きすぎたああ」といった感動の声が続々と上がっていた。また、これまでお金のために剛を売ろうとするなど、突拍子のない行動をしていた深雪だが、最終回で正統派ヒロインになったことに、SNSでは「藤田さんヒロインじゃん……!」「ひ、ヒロインだーーーーーーーーー!」「初めて藤田さんヒロインやないかい」「藤田さんの正統派ヒロインムーブにトキメキが止まらない」といった反響があった。

テレビ 最新記事